スポンサードリンク

妊娠発覚後の初診の内容って?どんなことをするの?

bf0604ad57c34f4be045c514d1772e3d_s

多くの方が妊娠に気がつくのは
妊娠検査薬が陽性になってからですよね。

妊娠が確定されるには、
産婦人科に行って診察をしてもらう必要があります。
でも、

何を持っていけばいいのか
どんな服装で行けばいいのか
初診料っていくらかかるの?
など不安は尽きないと思います。

産婦人科というイメージから
あまり踏み出せない方もいらっしゃいますよね。

そんな方のために、
私の実体験も含めてお伝えしていきます。

スポンサードリンク



妊娠発覚後の初診の検査内容は? 

病院によって多少異なるとは思いますが
私の場合はこうでした。

①問診票記入
②身長・体重・血圧測定・尿検査
③内診
④先生の診察

順番に説明していきますね。

①問診票記入

前回の最終生理日や
性交渉のあった日
体温などを記入しました。

これをもとに出産予定日が決まるので
正直に答えてくださいね!

②身長・体重・血圧測定・尿検査

看護婦さんに

「出産か堕胎かどちらにしますか?」

と聞かれました。
きつい質問だなぁ…とも思いましたが
聞かなきゃだめですもんね。

③内診

内診台に上がって、
経膣エコーで妊娠しているか確認しました。

これが一番緊張しました。

力入れすぎて痛かったし、
病院に行くタイミングが早すぎて私の場合何も見えませんでした(笑)

④先生の診察 

エコー写真をもとに先生の診察があります。

胎嚢(赤ちゃんが入っている袋)が見えれば
その大きさから週数を計算してくれます。

初診にかかる費用はどのくらい? 

初診の内容を説明しましたが
初診料などの費用面が不安ですよね。

私の場合は7,000円くらいでしたが、
全国のだいたいの平均は、
5,000円~20,000円くらいですので
2万円お財布に入れておくと安心ですね。

病院にだいたいどのくらいかかるかを確認しておくのもいいと思います。
 
健康保険証がない場合
もっと費用が膨れ上がることも予想されますので
健康保険証は絶対に持って行っておいてくださいね。
また、
「補助券を使えるのでは?」

というかたもいらっしゃるかもしれません。
しかし、
補助券は妊娠が確定してから自治体に妊娠届を提出し
受理されて初めてもらえるものですので
妊娠が確定していない初診では使えません。

そのため、初診の検査費用は自費になります。

初診はどんな服装で行くべき? 

初めて産婦人科に行くにあたって
どんな服装で行くべきか迷いますよね。

産婦人科の検査では、内診があり
下着を脱いで内診台に上がりますので
着脱のしやすいスカートをオススメします。

もしズボンで行ってしまうと…どうなるか分かりますよね。

ちょっと恥ずかしい思いをしてしまうことになります…。
 
また、持ち物も何を持っていけばいいか分かりませんよね。
 
基本的には、健康保険証・初診代を持っていけば安心です。
基礎体温をつけている方は
その記録なども持っていくとスムーズに診察を受けることができますよ。

もし妊娠検査薬の反応が不安な方は検査薬も持っていくといいかもしれません。
私も不安だったので持って行って、病院での尿検査と見比べてもらいました。

まとめ 

いかがでしたか?

初診に行く時にはやっぱり何が必要なのか
どんなことをされるのか分からない方が多いですよね。

この記事が参考になれば幸いです。

スポンサードリンク



 

コメントを残す