スポンサードリンク

妊娠発覚前のカフェインは胎児に影響する?

611a2410258f334a9b83e8698cf76cc0_s

妊娠が発覚したけれど、
「そういえば昨日まで毎日飲んでいたコーヒー、大丈夫かしら?」
なんて思う人はたくさんいるのではないでしょうか。

私もその一人です。

カフェインを含む飲み物を妊娠中に大量摂取すると、一般的に母体にいる赤ちゃんに悪影響があるとされており、妊娠中はカフェインを含む飲料を控えるようにいわれます。

また、特に妊娠初期は注意が必要と言われています。

ただ、妊娠発覚前に気が付かずにカフェインを含む飲料を摂取していたという人は少なくはないのではと思います。

妊娠発覚前まで毎日飲んでいたカフェインを含む飲み物って胎児にどのくらい影響するのでしょうか?

スポンサードリンク



カフェインは摂取時に
胎盤、羊水を通じて、赤ちゃんに入ることになります。

母体には大した量ではなくでも、
内蔵器官がまだ不完全な赤ちゃんには
カフェインを分解し排出するためにかなりの時間を要します。

妊娠超初期から
カフェインを摂取しているママから生まれてきた赤ちゃんが、
低体重であったり、
落ち着きないなどの症状があるという報告もあります。

流産や早産、低出生体重児、発達障害の原因になるという研究結果もあります。

では何杯程度なら大丈夫なのか、
逆に何杯以上だと危険なのか?

実はコーヒーの赤ちゃんへの影響は
まだ具体的にはわかっていないのが現状です。

海外では、
WHOから「コーヒー1日3~4杯を上限」
英国食品安全庁から「コーヒー1日2杯を上限」
と一日の上限を定めています。

コーヒー1杯に含まれるカフェインの量はおよそ100ミリグラム、その10倍以上のカフェインを毎日摂取すると、流産・死産のリスクが上昇するという研究結果もあります。

毎日300ミリグラム以上のカフェインを摂取している場合、低体重出産のリスクがあるという研究もあります。

妊娠中は我慢しなければならないことが多いなか、大好きなコーヒータイムを我慢するとなるとストレスが余計に溜まってしまう、そんな場合は、一般的に、一日に1~2杯程度、200ミリグラムまでのカフェイン摂取は胎児に影響はないとされています。

大人がカフェインを大量に摂取した場合に、不眠、精神興奮、筋緊張、頻脈、呼吸促進などが引き起こされることがあります。

大人にとってもそういった影響を及ぼすカフェイン、大事な赤ちゃん、気を付けてあげたいですね。

妊娠に気が付いたら他に気分転換できるものを見つけて妊娠期間を上手に過ごせるといいかと思います。

私は妊娠中、ノンカフェインのコーヒーや紅茶に代えていました。

その代わりにチョコレートをかじったり、大好きな海外TVシリーズを見たりして過ごしていました。

逆に妊娠発覚前の摂取について心配な場合は、病院で検診の際に必ずのその旨を告げて医師と相談してくださいね。

妊娠生活、心配なことが山ほどありますが、楽しく過ごせますようにお祈りしています。

スポンサードリンク



コメントを残す