スポンサードリンク

無痛分娩でも痛い?痛みのピークっていつなの?

827df8fe0526c6ccc34fe34792c22e11_s

これから出産を控えている妊婦さんの中には、出産の痛み耐えられるか不安だという人も多いのではないでしょうか?

そんな痛みに弱いというう妊婦さんのために無痛分娩という方法もあるわけですが

無痛分娩って実は全く痛くないわけではないというのをご存知ですか?

「痛みのピークはいつ?」

「どれくらい痛いの?」

など、その痛みの強さが気になっていませんか?


スポンサードリンク



出産の痛みとは、出産そのものより出産をする前に起こる陣痛が主です。

陣痛とは赤ちゃんを外に出すために子宮が収縮することによっておこる痛みで
陣痛の長さには個人差があり、短い人では数十分、長い人では数日苦しむ場合もあります。

経産婦よりも初産婦の方が陣痛にかかる時間が長くなるのが一般的です。

この陣痛の痛みを軽減させ、出産させる方法が無痛分娩なんですね。

初産婦さんのために、ここから
無痛分娩での陣痛から出産までの流れを説明します。

無痛分娩の流れ

1.陣痛が開始します。

ただ開始当初は生理痛のようなもの。
実際気が付かない人もいるくらい。

そういう私もお腹を下したのかなとこの時は思っていたくらいでした。

痛みがだんだん強くなってきたので陣痛を確信!

それからどんどん陣痛の感覚が短くなってきます。

初産婦さんであれば陣痛の感覚が5分~10分になったくらいを目安に病院に連絡を入れ、その後病院へ向かいます。

ただ陣痛と陣痛の合間ではまだしゃべることができます。

先に破水した場合は、陣痛促進剤を使って人工的に陣痛を起こすことになります。

2.病院に到着します。

入院の手続きを済ませたら、まずはお産の進み具合をチェックします。

そしてようやく無痛分娩を始める準備が始まります。

無痛分娩の麻酔は背中の腰あたりにカテーテルを使って注入するのでその部分を消毒し、皮膚麻酔をします。

3.麻酔を打ちます。

麻酔を打つ目安としては子宮口が4~5㎝開き陣痛も本格的になってきてから。

ここでやっと麻酔を打ってもらえます。

陣痛は痛みも生理痛の1000倍とも言われるほど、このころ人によっては、すでにしゃべれる状態ではありません。

麻酔を打つ場合はこの時が痛みのピークとなるでしょう。

ですので、無痛分娩といっても全く痛みを感じないという訳ではないという事は覚えておいて下さいね。

背中側、腰付近にカテーテルを通し、麻酔を注入する硬膜外麻酔という方法が主流となります。

皮膚麻酔をしてあるのでカテーテルを通す痛みはありません。

全身麻酔ではなく、局所麻酔のため、意識ははっきりとしています。

4.出産が始まります。

麻酔が効いてるかどうかに関係なくお産は進行するので、麻酔が効き始める前に出産してしまうという場合もあります。

また、お産の進行が早すぎて麻酔をする時間もない場合もあるようです。

ただ、普通分娩であれば痛みが本格的になって出産までに数時間かかることが一般的なので、無痛分娩であれば殆どの場合、最も陣痛が強い間の痛みは軽減できるようです。

あくまでも、軽減で、全く痛くないわけではないようです。

いよいよ赤ちゃんが産まれる段階になると、赤ちゃんが会陰を通る時の痛みを軽減させる為に会陰部の近くに麻酔を追加します。

赤ちゃんはただ待っていれば生まれてくれるというものではありません。

陣痛の痛みに合わせていきむ必要があります。

無痛分娩によって陣痛の痛みが分かりづらくなりますので、助産師さんにタイミングを教えてもらっていきむようになります。

麻酔をしているとついついいきむ力が弱くなって分娩に時間がかかってしまう事も多いようです。

この際に、産道の出口と肛門の間の部分の会陰は赤ちゃんの頭が出てくる時に薄く伸ばされます。

伸びが良い人、悪い人と個人差があり、伸びが悪いと赤ちゃんの頭が出てくる時に避けてしまうことがあります。

ただお産が長引いてしまう可能性もあるのでこれらを避ける為に、医師の長年の経験から会陰が裂けそうな場合には先に医療用バサミで会陰を数センチ切ってしまいます。

これを会陰切開と言います。
そして、やっと赤ちゃんがこの世に生まれてくるのです。

5,出産後の処置をする

胎盤を出して子宮内をキレイにして、避けた場合や会陰切開をした場合は縫合します。

その頃には麻酔の注入は終わっています。
あとは普通分娩と同じように状況によって点滴をしたり、痛み止めの注射や薬で対処してもらいます。

痛みもピークも人によって様々、痛みに強い人もいれば弱い人もいます。

ただ、お産の痛みだけは誰に聞いても想像を絶する痛みと言いますね。

無痛分娩とはいっても全くの無痛ではなく
陣痛が始まってら麻酔を打って痛みを軽減させるという事です。

参考にしてくださいね^^

スポンサードリンク



コメントを残す