スポンサードリンク

子供の産み分けに効果のある食事って?

e637700bbbd0355089f1badc389a11df_s

男の子を産みたい女性は肉中心の食事にし
女の子が欲しい女性は野菜中心の食事をすれば

希望通りの性別の子供を授かることができる
というお話を一度は耳にしたことがありませんか?

今でも
おばあちゃんの世代の人から
よく聞くお話なのですが、
ただの迷信や言い伝えではなく、
ちゃんと理由があったのです。

それでは、
子供の産み分けに影響のある食事について
チェックしてみましょう!

スポンサードリンク



子供の産み分けに効果のある食事って?

子供の性別は、
男性の精子によって決定されるのですが

この産み分け方法は性別を決定する
2種類の精子の特性の違いを利用した産み分け方法です。

食事で産み分けをする際に
利用する2種類の精子の違いとは、

男の子になるY染色体の精子の特徴は
酸性の環境では弱くアルカリ性の環境には強い、

女の子になるX染色体は
アルカリ性の環境には弱く、酸性の環境には強い

というものです。

その特性を利用して、
女性の体を肉中心の食事で体をアルカリ性にもっていけば
Y染色体の精子が生き残って男の子が生まれるじゃないか!

という理屈で、
その逆では野菜中心の食生活にして
女性の体を酸性にすれば、
酸性に強いX染色体を持った精子が受精することができて
女の子が生まれるということになります。

ただ、産み分けに必要な食事制限の期間はとても長く、
毎日ストイックに最低3ヶ月以上は続けないと
意味がないそうです。

しかも、人間の体は常に同じph7.3~7.4の
弱アルカリ性に保たれているため、

食事で体のphをど
ちらかに極端に傾けることは不可能なことで

それが理由で男女の産み分けがかなうといった
統計もなければ医学的根拠は全くないようです。

確かに考えてみれば、
国によって多種多様な食生活の文化があるにも関わらず、
ある国だけ人口の男女比が極端に偏っている
という話は聞いたことがないですよね。

個人的には産み分けよりも
毎日毎日偏った食事を取ることによる
健康被害の方が心配なので
あまりストイックに食事制限をするよりも
おまじないやジンクスなんだという
軽い気持ちで試してみる方がいいのではないでしょうか?

スポンサードリンク



コメントを残す