スポンサードリンク

結婚式のご祝儀相場!~親族編~


家族や親族の結婚が決まると気になる事が、結婚式に持参するご祝儀ですよね。

友人のご祝儀の相場は、3万円という事が広く根付いていますが、親族の場合はどうなのでしょうか。

あまりにも少ないと親族なので、後々噂になっても困りますよね。

親族の結婚式に必要なご祝儀の相場についてお伝えします。

スポンサードリンク


結婚式のご祝儀相場!親族の場合は?

ご祝儀は結婚を祝うという気持ちを示すものです。

親族といっても定期的に会ったり
連絡をとったりしている方もいれば、
疎遠の方もいますよね。

またご祝儀を準備する方の年齢によっても金額の相場は異なります。

通常、新郎新婦の兄弟姉妹に該当する場合は
5万~10万円が相場となります。

ただし、あなたが弟や妹の場合
5万以上の大金は難しい場合もあるため、
2万~3万円でも良いでしょう。

新郎新婦の兄弟姉妹にあなたが該当し、
夫婦で結婚式に列席する場合は、
10万円が相場となっています。

新郎新婦の伯父、伯母、叔父、叔母、いとこである場合は、
3万円前後が相場となります。

新郎新婦の伯父、伯母、叔父、叔母、いとこにあなたが該当し、
夫婦で列席する場合は、
5万~10万円が相場になります。

もし、結婚式は挙げると聞いているけど
人数の関係で参列できなかったり
遠方のため出席を遠慮したり、
など理由がある場合は、親族の場合
1万~3万円をご祝儀として包みましょう。
1人で参列する場合は
友人などと同様の3万円が相場となりますが
親族ともなると夫婦列席が多くなると思います。
その場合は、
2倍に近い奇数額をご祝儀として準備すると覚えておきましょう。

また、親族の場合
お子さんも一緒に列席することもありますよね。

お子さんが1人増えると、
2~3万円多めに包むことが一般的です。

そして、お子さんの年齢によっても変動があります。

赤ちゃんで席のみ用意してもらう場合は、
多めに包むことは必須ではありません。

もしお子さんにお食事の用意が必要で
小学校くらいの年齢であれば、2万円が相場となります。

中学生以上となる場合は、
大人と同等と考え、3万円を包みましょう。

私は子供を参列させる場合、
まだ未就学児であれば
席の準備や騒ぐ可能性があることを考慮して、
1万円前後をお渡しすることが多いです。

もちろん奇数額になるよう調整しています。

ご祝儀の相場はこれで完璧ですね。

親戚の結婚式であれば
不安な時はご両親などにも確認すれば、さらに安心です。

スポンサードリンク


 

コメントを残す