スポンサードリンク

子供の歯が痛いのは歯ぎしりが原因かも?対処法は?


子供が最近歯が痛いと言っている。

もしかして虫歯?と心配になっているパパやママ。

見た目は虫歯ではなさそうな時は、
歯ぎしりが原因で歯が痛いと訴えてる可能性があります。

そこで今回は
歯が痛い子供の歯ぎしりの対処法をお伝えしますね。


スポンサードリンク


子供の歯ぎしりの原因は?

子供の歯ぎしりの原因は複数あります

まず、歯並びの悪さからくるものですです。

歯の噛み合わせが悪く、
自分で修復しようと身体が歯ぎしりをすることで、
歯をすり減らす事があります。

歯の生え変わりに差し掛かる子供に多く見られる原因で、
成長と共に歯ぎしりは消失することが多いです。

次に、
ストレスが原因の場合もあります。

ストレスの場合、
子供の意識とは別に就寝中や、日中何かに集中している時など様々です。

大人だけでなく子供も交友関係や日々の生活の中でストレスを感じている場合があるため、
パパやママはお子さんと話をして原因を取り除きましょう。

子供の歯ぎしりは基本的に心配する必要はなく、年齢とともに永久歯が生えてくると治まる事が多いです。

ただし、永久歯が揃う時期になっても歯ぎしりが続く場合や顎関節症を発症している、歯にぐらつきがでるなど、異常が見受けられる場合は、歯科に連れていきましょう。

歯科に行けば、相談となりますが
就寝時につけるマウスピースを作ることも可能です。

日中付ける必要はなく、寝る時だけですので負担は少ないです。

ただし、口の中に異物があると睡眠時も感じ、勝手に取ってしまう場合や、逆に眠れなくなるという弊害もあるため、マウスピースを作る場合はリスクも考えましょう。

私自身、子供の頃から歯ぎしりをしており、
中学に入った後にマウスピースを作りましたが

やはり朝目覚めると、
口の中に残っておらず枕元に落ちている日が何度かありました。

マウスピース以外の歯ぎしり対処法!

続いては
マウスピースに頼らずとも自宅で出来る対策をご紹介します。

まず、食事をする時に意識的に良く噛むよう促してください。

子供の普段の姿勢も歯ぎしりに影響を与えます。

姿勢の良い状態で座る、食事をするなど、声掛けをしましょう。

そして、ストレスを取り除けるよう、リラックスできる場を設けましょう。

もし学校などで悩みがあっても、
家でくつろげる場があれば、子供の気持ちは幾分か楽になります。

お子さんの歯ぎしりは成長過程で起こりうることですので、心配しすぎず見守りましょう。

ただ、いつまで放っておいて良いか判断がつきにくい場合は、かかりつけの歯科医に相談してください。

スポンサードリンク


 

コメントを残す