スポンサードリンク

妊娠検査薬でうっすら陽性!でも出血が…妊娠の可能性はある?



妊娠の可能性がある場合、
一番に確認する方法は妊娠検査薬を使うことですね。

ところが
うっすら陽性反応がでたにも関わらず
出血が見受けられた、なんてことはありませんか?

そのような状態で妊娠の可能性があるかお話していきたいと思います。

スポンサードリンク



妊娠検査薬を使うタイミング

そもそも妊娠検査薬は、
妊娠すると女性の身体から分泌されるhCGに反応し、陽性反応となります。

受精卵が子宮内に着床すると
胎盤が作られ始め、そこからhCGが分泌されるのです。

メーカーごとに
どれくらいのhCG濃度で妊娠検査薬が陽性になるかの設定は異なります。

おおよそ、
5lのhCGが分泌されていると0mIU/m陽性反応を示す妊娠検査薬が多いようです。

妊娠検査薬は通常
生理開始予定日の1週間後から使用可能です。

生理開始予定日当日に妊娠検査薬を使っても、
妊娠している場合は陽性反応を示すこともありますが、

正しい結果を知りたい場合は、
念のため1週間後に再検査をしましょう。

そして妊娠が確定していれば濃い線が出てきます。

関連記事
⇒妊娠検査薬の正しい使い方!いつの尿で調べたらいい?

うっすら陽性の場合は?

妊娠検査薬の判定窓にうっすらとでも線が出ている場合
ほぼ陽性でしょう。

この場合、検査のタイミングが早かったために
線が薄いのだと考えられます。

ただ、このうっすら陽性がなかなか曲者で
「妊娠したい」と強く思っていると
ない線でもうっすら見えてくることもあるんですね。

また、陽性の線ではなく、
時間がたったために現れる蒸発線の可能性もあります。

関連記事
⇒娠検査薬の蒸発線が出るのはいつから?時間はどのくらい?

 

妊娠していないのに陽性判定が出ることもある?

妊娠していない場合でも
陽性反応を示す場合があります。

例えば、
高度の糖尿、蛋白尿、血尿などで
尿に糖やタンパク質、血が混ざる場合は陽性反応を示します。

また、子宮外妊娠でも陽性反応がでます。

陽性反応が出たのに出血が…妊娠の可能性は?


超初期流産の場合も陽性反応となります。

超初期に流産する場合は、化学流産と言われます。

この場合、妊娠検査薬は陽性になりますが
いずれ生理がくるので、
流産したということになります。

超初期の流産は、
生理が遅れているな」
という状態で終わることが多いのですが
妊娠検査薬によっては、
少ないhCGの量で陽性反応を示すものがあるため、
知らなくても良かった流産も知ってしまう、という事が発生します。

着床出血の可能性は?

着床出血の可能性も考えられますが
通常着床出血は生理予定日の数日~1週間前に起こりますので
この時期にフライングで妊娠検査薬を使用している場合は
着床出血の可能性もあるでしょう。

ただ、
自分で着床出血か化学流産かを判断するのは難しいので、
心配な場合は

数日たってから再び妊娠検査薬で調べてみるといいでしょう。

妊娠が継続していれば陽性の線もだんだん濃くなってきます。

中には「薄いままでも妊娠していた」
というケースもありますので
やはり自分で判断するより
病院を受診したほうが安心できるのではないでしょうか。

関連記事
⇒妊娠検査薬で妊娠を判定できるのはいつからいつまで?

スポンサードリンク



コメントを残す