スポンサードリンク

無痛分娩で出産!注射が痛いっていうけど本当?高額医療費は適用される?

827df8fe0526c6ccc34fe34792c22e11_s

だれもが痛い、痛いという陣痛・出産。

できれば痛いことは避けたい…
そう思うのは普通のことです。

最近では
自然分娩と無痛分娩を選べる産院も増えてきました。

そこで今回は
無痛分娩について調べました。

  • 無痛分娩の注射が痛い?
  • 高額医療費は適用になる?

など気になるポイントをチェックしましょう。

スポンサードリンク


無痛分娩の注射が痛いって本当?

そもそも無痛分娩とは
麻酔を打ち、陣痛の痛みを軽減させて出産する方法です。

その麻酔の注射で
最もポピュラーなのが「硬膜外麻酔」です。

これは背中から
硬膜外にチューブを刺して麻酔を打ち
腰からつま先までの感覚を麻痺させます。

母体の感覚は麻痺しますが
胎児にはそれほど影響がなく
海外では無痛分娩を選ぶ人も多いのです。

このチューブを刺すのが
「蜂に刺されたような痛み」
「ズキズキとした痛み」
などと言われますが
人によっては痛みを感じない人もいます。

また、産院によっては
硬膜外麻酔の痛みを感じないように
硬膜外麻酔を打つ前に点滴麻酔をするところもあります。

無痛分娩を希望する場合は
産院選びも慎重に行う必要があるようですね。

無痛分娩ってどういう流れなの?

流れは産院によって違い、
自然に陣痛がきてから麻酔を打つところと
計画的に麻酔と陣痛誘発を行って出産するところがあるようです。

日本では後者の方法で無痛分娩を行う産院が多いようなの
ここでは計画無痛分娩の流れをまとめたいと思います。

無痛分娩の予定日を決める

予定日は妊娠37週以降で母体と胎児の状況を見て医師が決めます。

予定日前日

予定日前日に入院してまずは母体と胎児の状態のチェックをします。
そしてバルーンという器具をいれて
滅菌された水を入れていくことで子宮口を徐々に広げていきます。

予定日

子宮口の大きさを確認し
必要であれば、大きなバルーンに変えます。
そして陣痛誘発剤の点滴をして背中に麻酔を打ちます。

もし、
麻酔を打つ前に陣痛がきていれば陣痛の痛みを経験することになります…

これまた個人差がありますが
麻酔を打つと痛みはなく眠ってしまう人もいるくらいです。

子宮口が全開(10センチ)になると分娩開始になりいきみはじめます。

産まれた後の処置は自然分娩と同じで
会陰切開をしていれば縫合の処置を行います。

無痛分娩はこのような流れで自然分娩と違うのは

計画出産の場合が多いこと・
自然分娩よりも痛みを伴わないこと
ぐらいでしょうか。

また、痛みを伴わないために力の入れ方がうまくいかない、時間がかかる、吸引分娩、帝王切開の確率が上がるといったお産の流れの中にデメリットが生じることがあります。

「無痛分娩っていうくらいだから痛くないでしょ!?」

と思いがちですが調べていくと
全くの無痛ではなく“陣痛の痛みが軽減される”のであって
麻酔が効くまでと切れてからは痛みを感じますし

出産の際には自分の力でいきんで出産するのです。

とはいっても痛いのは避けたいですよね…

無痛分娩にかかる費用は?高額医療費は適用される?

無痛分娩にかかる費用は産院によって異なり、
私が入院した産院では普通分娩+10万円でした。
調べてみると10万円が平均のようです。

10万円は大きいですよね…

そこで気になるのが
高額医療費は適用されるのか?です。

無痛分娩は原則的に健康保険が適用されないため、
高額医療費の扱いにはなりません。

ですが“無痛分娩ってどういう流れなの?”でも記載したように
無痛分娩には吸引分娩や鉗子分娩、帝王切開などのリスクがあり、
そうなってしまうと入院期間も長くなります。

その場合には医師の判断で健康保険の対象になり
高額医療費を申請することができるのです。

できれば何事もなく産みたいものですが
何かあったときを考えると安心ですよね。

さいごに

私は妊娠後期に入って
痛みの恐怖から無痛分娩を望むようになりましたが

10万円の費用に驚いたことと
出産予定の産院の無痛分娩の評判があまり良くなかった(無痛分娩でも痛いらしい)ことから自然分娩を選びました。
ですが出産を経験して、
もし2人目を考えるなら次こそは無痛分娩にしたいと思っています。

無痛分娩の無痛具合は本当に人それぞれです。

痛みがあってこその出産だ!
と無痛分娩は反対されがちで帝王切開などの危険もありますが、

可能性は低いですが自然分娩でもあり得ることで、痛みや辛い思い出よりも命の誕生という素敵な瞬間を存分に感じられる方がいいのかなと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す