スポンサードリンク

妊娠してから胎児に栄養が直接行くのはいつから?

2017y06m08d_023346880
妊娠をしていることが分かり
喜びいっぱいの中、
最初にぶつかる壁がつわりです。

症状が重い人の場合は
おなかの赤ちゃんにちゃんと栄養が届いているのか
心配になってしまうのではないでしょうか?

赤ちゃんがちゃんと育つのか、
赤ちゃんに悪い影響はないかも
気になりますよね。

妊娠をしてから
赤ちゃんに栄養が直接行くようになるのは一体いつからなのでしょうか。

スポンサードリンク



妊娠後胎児に栄養が行くのはいつから?

妊娠してから赤ちゃんに直接栄養が届く教になるのはいつからなのか気になるところですが

実は妊娠してから4か月の終わりぐらいまでは卵黄嚢と呼ばれる赤ちゃんのための栄養袋から栄養をもらって成長をしているので

お母さんの食べたもので大きくなっているわけではないんです。

妊娠4か月の終わりぐらいまでには胎盤が完全に出来上がり、
へその緒を通して直接栄養が赤ちゃんに行くことになります。

ですからつわりでご飯が全く食べられなくても心配する必要はありません。

私もつわりであまり栄養のあるものが食べられなくなり毎日心配をしていましたが、むしろつわりがあるのは赤ちゃんが元気に育っている証拠だとお医者さんに言われたことがあります。

つわりがおさまり安定期に入れば普通に食べられる人も増えてくると思うので気を病まずゆったりした気持ちで過ごすのが良いと思います。

胎盤が出来上がり、へその緒を通してお母さんの食べたもの栄養となり赤ちゃんに直接行くようになれば栄養バランスに気を付けないといけなくなります。

妊娠をすると特定の物が無性に食べたくなったりします。

私もお寿司やフライドポテトが食べたくて仕方がなくなりましたが栄養バランスを考えてフライドポテトや脂っこい物は控えるようにしました。

ジュースなども飲み過ぎると糖分を取りすぎてしまい妊娠高血圧や妊娠糖尿病になりやくなるので麦茶やノンカフェインのコーヒーや紅茶などに変えた方が良いと思います。

妊娠すると胎盤がお母さんの血液から作られるので貧血を起こしやすなります。

ですから血液を作る成分の葉酸を摂ると良いといわれています。

今は葉酸入りの飴やタブレット、サプリメントなど売られているので手軽に摂ることが出来ます。

あと鉄分が多く含まれているホウレンソウやレバーなどを意識して摂るようにすると良いみたいです。

自分が食べた物で赤ちゃんが大きくなってくれるんだと思えば栄養のバランスを考えずにはいられないですが、

妊娠中は気持ちが情緒不安定になりやすいので、神経をとがらせ過ぎずゆったりとした気持ちでリラックスして過ごしたいですね。

スポンサードリンク



 

コメントを残す