スポンサードリンク

妊娠中の葉酸不足で赤ちゃんに障害がでるって本当?

a72e6a686835f05ae3bbf15658425ebd_s

妊娠中に必要だといわれている栄養素葉酸ですが、

もしも葉酸不足だった場合

「赤ちゃんに障害が出たりする可能性はあるの?」

と不安に感じているママもいるのではないでしょうか?

実際のところ
妊娠中の葉酸不足はどのような影響があるのでしょうか?

赤ちゃんに障害が出ることはあるのでしょうか?

詳しく見てみましょう。

スポンサードリンク



妊娠中の葉酸不足で赤ちゃんに障害の可能性は?

妊娠中はホルモンの変化により、貧血が起きやすくなっていますので、妊娠中は葉酸を多く含んだ食材を摂取するように心がけたいですね。

ビタミンB群の一種で、食べ物でいうとほうれん草、レバー、枝豆などが葉酸を多く含んだ食材と言われています。

葉酸不足になってしまうと貧血や口内炎が起こりやすくなると言われています。

さらに、
この葉酸は胎児にとってもとても大切な栄養となります。

妊娠中の葉酸不足によりどのような影響があるのかというと

  • 神経管閉鎖障害
  • 二分脊椎
  • 無脳症

などが胎児に起こってしまう可能性があります。

どれもあまり聞かない病気であまりピンとこないかもしれませんね。

まず、神経管閉鎖障害とは、胎児がお母さんのお腹の中で成長する過程の中で、神経管が形成される際に起こる障害で、脳や脊椎が塞がってしまう病気です。

二分脊椎は、神経管閉鎖障害の一つとされていて、これも胎児の体が形成途中に脊椎が形成不全を起こす病気です。

無脳症は、胎児の脳が形成途中に脳が形成不全を起こす病気のことです。

葉酸不足によって起こる病気がこんなに恐ろしいものだとは思わないですよね。

私も妊娠するまでは、葉酸不足によってこんな恐ろしい病気が起こるとは思ってもいませんでした。

では、この葉酸不足にならないためにはどのようなことを妊娠中に行うといいのでしょうか。

一番は先ほど説明した、葉酸を多く含んだ食材を意識して摂取することですが、毎日となるとなかなか大変ですよね。

そんな時にはサプリメントもおすすめです。
妊娠中のサプリメントと聞くとなんとなく抵抗がある人もいるのではないでしょうか?

サプリメントを摂取して胎児に影響がないのかと心配になってしまいますが、
実は厚生労働省が、
妊娠1カ月以上前から妊娠3カ月までの間は特に葉酸が含まれた食事をとることを勧めており
この期間にサプリメントを摂取するのも好ましいと発表しています。

葉酸不足によって起こる胎児の病気は妊婦健診のエコー検査や血液検査で妊娠中期までにはわかります。

自分で意識して葉酸を摂取するようにしてても、この量で大丈夫なのか、不足していないかと不安になってしまいますよね。

そんな時は妊婦健診で医師や助産師さんに質問してみるのがよいでしょう。

どのような食べ物が良いのかなどアドバイスしてもらえますので、ご自身で意識しつつ、医師や助産師さん達に意見を聞きながら献立を考えてみてくださいね。

スポンサードリンク



 

コメントを残す