スポンサードリンク

出産祝いのタブーって?金額は奇数?偶数?

出産祝いを贈りたいんだけど
お祝いの金額っていくらくらい包めばいいのかって
なやんでしまいますよね~。

出産祝いのマナーについても気になるところではないでしょうか?

出産祝いにタブーってあるの?
そもそも、みんなどうしているの?

などなど、
気になることはたくさんあることでしょう。

今回は、そんな悩みを解決すべく
出産祝いのタブーと金額について問題を解決したいと思います。

金額は奇数?偶数?
皆さんの素朴な疑問がなくなるように解説していきたいと思います♪

スポンサードリンク


出産祝いのタブーって?

新しい生命の誕生を祝い、
お母さんへのねぎらいの気持ちを込めて贈るお祝いですが、

やってはいけない事など
マナーを守って相手に喜んでもらえるようにしたいですね。

まず、
親しい友人や身内・親戚など
日頃から深い付き合いのある方の出産の場合以外は直接病院にかけつけるのは避けましょう。

なぜなら、
出産後のお母さんはとても疲れていて
早速はじまる授乳などで、さらに疲労もつづくことが多く、生まれたばかりの赤ちゃんもまだ安定していないことが多いようです。

また、お母さんは病室では化粧をしていないことも多いので、スッピンを見られたくない方もいらっしゃるので、女性としてはかなりのタブー事項になりそうですね。

「すぐにでもお祝いに駆けつけたい!」
そんな気持ちもわかりますが、
まずは相手の方に都合を聞いてお祝いに行きましょう。

出産祝いを品物で送る場合にもタブーは多く
趣味にそぐわないキャラクター物やブランド品、
高価過ぎるな品物などは避けるようにしましょう。

せっかくお祝いするのですから、
日頃の付き合いの中で、相手の好みの品などをそれとなくリサーチしておく事も大切ですね。

関連記事
⇒出産祝いの相場~友人の場合は?商品券はマナー違反?

お祝いをお金でする際の金額は?奇数?偶数?

上記にあげた内容を考えると、
悩んで悩んで選んだ品物で喜ばれないものを渡すよりも
出産祝いとしてお金を包む方がスムーズなこともあるかもしれません。

ただ、昔からよく言われる封入する金額について、奇数を忌み嫌ったり割り切れる偶数をダメとすることがあったりで、難しい事があるようですね。

地域や年代により相違はあるようですが、数を割り切れる「2・4・6」などの偶数はあまりよくないとされることが多いようです。

きっちり割り切れる2だと二人(夫婦)が分かれる、6は幸せが無い・「む」であるという事も言われることがあります。

気にしない人は気にしないことなのですが、相手の方がそういったゲンを担ぐ方であれば注意したいところですね。

また2万円のお祝いをする時でも、1万円札と5千円札2枚などにわけて新札を入れて奇数の3枚を封入するといったように心遣いをすると良いでしょう。

 

まとめ

出産祝いをする場合のタブーや金額についておはなししました。

いかがでしたか?

せっかくのお祝いもマナーが守られていないだけで
残念なものになってしまうことがあります。

紹介した例を参考に出産祝いを考えてみてくださいね^^

スポンサードリンク


 

コメントを残す