スポンサードリンク

花粉症の薬は母乳に影響ある?薬なしで対処するには?



子供を育てるお母さんにとって
悩みの種であるのが、薬を飲むことの影響です。

もう一人だけの体ではないと悩んでしまいますが、花粉症はかかってしまうと、とにかく少しでも症状を軽くしたいものです。

しかし

母乳をあげている期間は簡単に薬を服用していいの?
影響はあるの?
もしダメなら薬を服用せずに対処する方法はあるの?
少しでもお母さんの気持ちも花粉症も軽減してもらえるようポイントをご案内します。

スポンサードリンク


花粉症の薬は母乳に影響ある?

判断の基準が明確ではないところがあるので、医師により見解が大きく変わるようです。

市販の薬を自分の判断で服用する事だけはさけておいた方が良いでしょう。

内服薬はもらえないケースも多いようですが、影響のない薬を出してくれる医師もいるようですね。

実際、薬の影響は100%ない!と、いうケースはないように思います。

私も、妊娠期に貧血の薬をもらったことがあります、
必要である薬ですが、万一の際の注意事項や影響の説明を受けたことがあります。

話が少しずれましたが、
ドクターによっては母乳に影響する因果関係などの知識が専門外であったりします。

そんな時は、かかりつけの産婦人科や耳鼻科・内科・薬剤師など、自分が信頼できる医師などに相談することが重要です。

症状がひどくて、イライラし子供にあたってしまった。
なんてことがあっては、子供も自分も苦しむ事になりますので、様子をみて母乳に影響の少ない薬を少量でも処方してもらえることもあります。

花粉症の薬が直接母乳に影響あるというよりも、アレルギー症状がおこったりする可能性がゼロではない、という見解をする医師もいるようです。

また、影響がないといわれた薬でも、授乳時間前後をさけて服用するなどの少しの配慮をもってすればいいのではないでしょうか。

どうしても不安で薬なしで対処するには?
基本的な日常生活での暮らしのポイントになりますが、

  • 家の中でもマスクを付ける。
  • 掃除の時もホコリや花粉の飛散があるのでマスク着用をする。
  • 外出先から戻ったら花粉を落として家に入る。
  • 花粉の多い時期は布団や洗濯物を外で干さない。

など、本当に基本的な毎日の習慣で花粉の量を軽減することができます。

また、内服薬よりも体内への摂取量が微量な点眼薬・点鼻薬・吸入薬などをはじめ、
漢方なども花粉症を和らげてくれるようですが、多量の使用はさけましょう。

好みはありますが、甜茶やサプリ・ヨーグルトなどの乳酸菌を多くとるなど食事からバランスよく摂取することも良いですね。

参考にしてみてください^^

スポンサードリンク


 

コメントを残す