スポンサードリンク

足底筋膜炎の症状とは?原因や治療法も紹介

2017y09m24d_212901522

朝起きて立ちあがると、
いきなり足の裏が痛い。

座って立ちあがった瞬間に
かかとに激痛が走る。

こんな症状がでると
「足底筋膜炎」(そくていきんまくえん)
という病気が疑われます。

今回は、
足底筋膜炎の症状や原因・治療方法などについてまとめてみました。

スポンサードリンク


足底筋膜とは?足底筋膜炎になる原因は?

足底筋膜炎とは、
足のかかとから指の付け根にかけてある
足底筋膜という筋肉を骨に付ける
腱(けん)の役割をしている組織が

炎症を起こして発症する病気です。

足底筋膜は、
体重を支える足への負荷を軽減する役割果たしています。

スポーツや長時間の立ち仕事、
肥満などで歩行に負担がかかると
足底筋膜に断裂ができ、炎症が起きてしまいます。

スポーツの中でも、
マラソンやサッカー、ジョギングや登山など
足を酷使するスポーツでは、足底筋膜炎を発症しやすくなります。

足底筋膜炎の治療法は?

足底筋膜炎を疑ったら、
まず休息と安静を心がけるようにしましょう。

無理をして歩行や運動を続けると
炎症が悪化してしまう可能性あります。
まず、足にかかった疲労をとり
血行を促進させ筋肉を柔らかくすることが大切です。

痛みがひどい場合は、
整形外科を受診すると炎症を抑える内服薬や
湿布を処方してもらうことができますし、
テーピングや装具療法などが行われる場合もあります。

足底筋膜炎だと診断されたら、
自分で出来るストレッチ方法があります。

痛みが強い場合は無理をしないように行ってください。

また、
足底筋膜のためのインソールも効果的です。

足の裏のアーチを綺麗な形で支えることにより
足底筋膜にかかる負担を軽減させ鍛えるインソールが販売されています。

 

足底筋膜を保護するソックスも販売されています。
かかととアーチをサポートすることにより
足底への負担を和らげてくれる働きがあります。

 

最後に

足底筋膜炎を疑ったら
無理な運動は避け、
整形外科を受診し治療を受けるとともに
足底筋膜炎のためのストレッチや
インソール、ソックスなどを活用されると
つらい足の裏の痛みから早く解放されることが期待できます。

スポンサードリンク


コメントを残す