スポンサードリンク

加齢臭を抑える方法!おすすめ食材は ?

2017y09m29d_032231495

加齢臭の臭いの元となるのは
「ノネナール」という物質です。

この物質は、
若い年齢層にはほとんど存在しておらず
加齢によって起こる臭いなので加齢臭と呼ばれます。

加齢臭を気にする人は多いのですが、
加齢が大きな原因になっているので
止めることはできません。

しかし、
原因のもとになってしまう要素を
減らすことによって加齢臭を防ぐことができるのです。

今回は加齢臭を抑える
食材や方法について紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク


加齢臭を抑える食材

加齢臭に一番大きな影響を与えるのは食事です。

加齢臭の臭いの元である
ノネナールの原料になるパルミトオレイン酸は
脂質を多く含む食品を摂ることで増加してしまいます。

例えば、

  • 脂身の牛肉
  • ベーコン
  • ラーメン
  • インスタント食品

などは、パルミトオレイン酸を増やし、
加齢臭を助長させてしまいます。

しかし私達の身体は、
脂質を全く摂らないというわけにはいきません。

そこで、抗酸化作用のある食材を
摂ることが必要となってきます。

抗酸化作用のある栄養素は、

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • βカロテン
  • ポリフェノール

などですが、
トマトやニンジン、ナスや生姜などの野菜が中心になってきます。

肉類や油物を控えめにし、
さっぱりとした和食中心の食生活を心掛けることが
加齢臭を防ぐ重要なポイントとなってきます。

■加齢臭を抑える方法

加齢臭は、日常生活でも抑える方法があります。

丁寧に体を洗う

身体を洗う時は、
耳の裏や首の後ろ、頭や背中など
加齢臭が溜まりやすい場所はしっかりと丁寧に洗うようにしましょう。

服についた加齢臭を落とす

洋服についた加齢臭は、
漂白剤などでも簡単に取ることができません。

また、
他の洗濯物に臭いが移ってしまうことも考えられます。

家で加齢臭を落とすためには、
服を脱いでから少しでも早く洗剤につけ置きしましょう。

夜のうちにつけ置き洗いをしておいて、
朝に洗濯をすると落ちやすくなります。

ストレスを溜めない

過度なストレスは合戦酸素を増やし
加齢臭の原因となってしまいます。

過度なアルコール摂取やタバコは避け
質の良い睡眠がとれるように心がけましょう。

スポンサードリンク


 

コメントを残す