スポンサードリンク

授乳中のアルコールは一口もダメ?授乳は何時間後ならOK?

「授乳中はアルコールの摂取は控えましょう」

そう言われて
大切なわが子のためにアルコールを控えているママさんは多いでしょう。

ところが日常生活の中で
ついついアルコールを口にしてしまう機会って意外に多いんですよね…。

旦那さんが飲んでいたジュースを
一口もらおうと思ったらアルコールだった

頂き物のお菓子を食べたら
アルコール入りのお菓子だった

などなど…。

さまざまなケースがあるわけです。

もしも授乳中にアルコールを飲んでしまった場合は
赤ちゃんへの影響を少なくするために
できるだけ時間を空けて授乳したいところですが

いったい何時間後なら赤ちゃんに授乳しても大丈夫なんでしょうか?

スポンサードリンク


授乳中のアルコールは一口もダメ?

授乳中に間違ってアルコールを一口飲んでしまった。

または、
「つい飲んでしまった」
なんてこともあるでしょう。

そうすると気になるのは
授乳することによる赤ちゃんへの影響ですよね?

もしもアルコールを一口でも口にした場合、
早ければ数分で母乳にアルコールの成分が出てしまいます。

赤ちゃんはまだ肝臓もしっかり出来上がっていませんから、
母乳に含まれたアルコールが体内に入ってしまうと
うまく分解することができません。

それによってどんな影響があるのかといえば

  • 学習障害
  • 発達障害
  • 低身長、低体重
  • 落ち着きがなくなる

このようなトラブルが出てくる可能性があり
最悪は赤ちゃんが急性アルコール中毒になってしまう事もあります。

ただし、これは過度な飲酒を続けた場合で、

授乳中だからと言って
たった一口たまたまアルコールを飲んでしまっただけであれば
そこまでの心配はないでしょう。

授乳中アルコールを飲んでしまったら何時間後に授乳できる?

授乳中にアルコールを飲んでしまったら、
数分で母乳にその成分が出てきてしまうということは
すでにおはなしした通りですが

それでは、アルコールを飲んでから
何時間後であれば赤ちゃんに授乳しても大丈夫なんでしょうか?

アルコールを飲むと数分で母乳にアルコールの成分がでて
30分~1時間をピークに濃度が薄くなり始めます。

飲んでしまったアルコールの度数や
その人の体質によって違いがあるもののアルコールを摂取してから2時間半~7時間半くらいで母乳に含まれていたアルコールの成分はなくなるといわれています。

何時間後に授乳してっもいいのか、
その目安として
350mlの缶ビールを一本飲んだ場合は
3時間ほどあけてから授乳するようにしましょう。

授乳中のアルコールはお菓子でもNG?

アルコールは一口でも母乳に出てしまい、完全になくなるまでには
最大で7時間半もかかってしまうわけですが、

料理やお菓子に含まれるアルコールも
授乳に影響するのでしょうか?

焼き菓子や火を通した料理であれば
基本的にアルコールが入っていても問題はありませんが

  • ウィスキーボンボン、
  • 奈良漬け、
  • ラムレーズンのアイス

などは

アルコールの成分が含まれています。

お菓子によっては
「妊娠中、授乳中は食べないでください」
注意書きされていることがあります。

間違って一口食べてしまったことで
すぐに授乳中の赤ちゃんの成長に影響があるとは考えられませんが

心配であれば少し時間をおいてから
授乳するといいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

アルコールやアルコール入りのお菓子を口にしてしまったら

「赤ちゃんへの影響は?」

「何時間後なら授乳しても大丈夫?」

と心配になってしまいますが、
間違って一口飲んでしまった位であれば赤ちゃんの成長に影響はないと考えていいでしょう。

参考になれば幸いです^^

スポンサードリンク


 

コメントを残す