スポンサードリンク

妊娠中の腰痛に電気治療ってあり?赤ちゃんに影響はないの?


妊娠すると
日々色々な身体の変化に驚いたり
苦しかったり、

慣れない事も多いものですが

同時に多くの喜びや楽しみを感じ足りもしますよね。

妊娠の兆候として
吐き気・つわりから始まり、眠気や臭いに敏感になることもあります。

その後、
超初期・初期・中期・・・と段階を経ていく中で、骨盤の変化や胎児の成長により腰痛になりやすくなります。

妊娠中の辛い腰痛の症状を改善するために電気治療をしたいと考えている人もいるのではないでしょうか?

「でも電気治療っておなかの赤ちゃんに影響はないの?」

と心配になってしまいますよね?

実際のところはどうなんでしょうか?

スポンサードリンク



妊娠中の腰痛に電気治療ってあり?

通常時の腰痛を和らげてくれる方法として
整体や接骨院、整形外科などに通っている方は体験した事があるかと思いますが、電気治療という治療方法があります。

筋肉を動かして血行促進し、
酸素や栄養を送り込むことで患部の治癒が早まります。

電気を流す行為はその筋肉を人工的に動かしてくれ
自然治癒力を高めてくれるので、
マッサージによる揉み返しや痛みも少なく腰痛の緩和をしてくれるのです。

しかし、通常時とは違い、妊娠中は
大切な新しい命を授かっている身。

お腹の中にいる小さな小さな命は日々細胞が変化し
お母さんの行動によって危険に晒されやすく、
とても弱いものですから
電気治療による影響がないのか心配ですよね。

基本的に妊婦もしくは妊娠の可能性がある方への電気治療は取り扱っていないという所が多いようです。

機械の種類によっては影響がないもの
表面だけでお腹の中まで届かないとされているものもありますが、何かあっては責任が取れないという観点からも電気治療はせずにマッサージのみという接骨院等が多いみたいです。

実際に電気治療を受けられた方の中には、電気を流した事によるのか定かではないが治療中にお腹が張ったり気分が悪くなったという報告もあります。

「じゃあマッサージなら安全なのね」

と思うかもしれませんが
マッサージでもあまり押してはいけないツボがあったり、痛み止めも飲んではいけない薬もあります。

まずは電気治療やマッサージなどを行う前に
産婦人科医に相談してから受診・治療を開始するようにしましょう。

スポンサードリンク



 

2018年2月2日 コメントは受け付けていません。 妊娠