スポンサードリンク

腰痛に効果があるマットレスは低反発?それとも高反発?

4c6f8daf9758bd7b8bc3df41bf228d26_s

日本人が腰痛になる割合をご存知でしょうか?

…なんと9割です!

つまり10人いれば9人は
腰痛を持っているということです。

腰痛の対策に
マットレスを使っている人も多いでしょう。

そこで今回は、
腰痛を軽減するマットレスに
スポットを当ててお話ししていこうと思います。

  • 低反発がいいの?
  • 高反発がいいの?
  • はたして本当に効果はあるの?

という疑問についてまとめたので
参考にしてくださいね。

スポンサードリンク



そもそも低反発と高反発の違いって?

多くの日本人を悩ませる
腰痛の対策に使われるマットレスですが

「そもそも低反発と高反発ってどう違うの?」

と思ったことはありませんか?

低反発=やわらかい

低反発は高い衝撃吸収性が特徴です。

堅い地面に寝転がるのを想像してください。
人間の体は凸凹があるので、

横になると
お尻や腰に負担がかかってしまいます。

しかし低反発なら、
ゆっくりと体を包み込むので
負担が分散され、
体への負担が軽減されるのです。

高反発=固い

 

高反発のいい所は何と言っても
寝返りの打ちやすさにあります。

やわらかい、ふかふかの布団を想像してください。

体が包まれて気持ちよさそうですが
いざ布団から起きる時や寝返りの時
結構体力が必要です…。

その寝返りや起きる時の負担を
減らせるが高反発と考えてください。

寝返りの負担がなくなる、
これが高反発の一番のいい所です。

腰痛に効果があるマットレスは低反発?高反発?

低反発と高反発の違いが分かったところで
腰痛に効果があるのは低反発なんでしょうか?
高反発なんでしょうか?

どちらにもメリット・デメリットがあり
一概に言えないのですが
一般的に、腰痛の負担を軽減するのは
高反発マットレスといわれています。

 

低反発だと寝心地は良くても、
身体が沈み込みすぎて腰に負担がかかりやすいのです。

ただ、低反発が必ずしも悪いわけではなく
体重が軽い人であれば
低反発の方がいいというケースもあります。

身体大きい人、体重が重い人は
高反発マットレスを選ぶといいでしょう。

スポンサードリンク



 

2018年2月6日 コメントは受け付けていません。 腰痛