スポンサードリンク

産後、授乳クッションは使わない?代用できるものは?

赤ちゃんの授乳に使う授乳クッション。

買おうかどうか迷っていませんか?

「授乳クッションなんてすぐに使わなくなっちゃうよね~」

という声がある一方で

「授乳用クッションのおかげで授乳が楽になった!」

との声もあります。

授乳用のクッションは本当に必要なんでしょうか?

「代用できるものがあれば代用して使いたい」

というママのために授乳クッションの代用になるものも紹介していきますよ♪

それでは、早速チェックしていきましょう。

スポンサードリンク



授乳用クッションなしでも大丈夫?

授乳用クッションは必要か、必要ないのかといえば

「なくてもいいけど、あった方が授乳が楽」

という事になります。

「なくてもいいなら買わなくてもいいかな~」

と思うかもしれませんが、産後のママは意外と

腰が痛かったり、

足が痛かったり

寝不足で体力がなかったりと、

体調が万全ではないことがあります。

2~3時間毎の授乳もできることなら
少しでも負担を軽くしたいというのが正直なところでしょう。

新生児のころは赤ちゃんの重さもそれほど気になりませんが、
大きくなるにつれその重さで
肩こりや腰痛が悪化してしまうこともあります。

ですから、

「授乳クッションはできればあった方が楽」

という事になるんですね。

ただ、使う期間が短いというのも事実で
できれば何かで代用したいと考えるママも少なくありません。

そこで、
授乳用クッションの代用になるものを紹介していきたいと思います。

タオルで代用!授乳クッション♪

新生児のうちは、家にあるクッションや枕で代用できますが、

大きくなってくると安定感も悪くなり
使いづらくなってしまいます。

そんな時におすすめなのが
バスタオルで授乳クッションの代用をしてしまう方法です。

作り方は、バスタオルを
くるくる巻いていくだけ!

自分の使いやすい大きさになるまで
巻いていきます。

(だいたい3枚くらいが目安)

簡単に授乳クッションの代用ができるので試してみてくださいね。

授乳クッションにはこんな使い道もあり!

授乳クッションを授乳だけに使うなんてもったいない!
いろいろな使い道があるのをご存知でしょうか?

もしも
授乳クッションを購入するのであれば
しっかり使い倒したいですよね♪

ここでは、
授乳クッションの使い道について紹介していきます^^

赤ちゃんの寝かしつけに

なかなか寝てくれない赤ちゃんでも
授乳クッションで囲まれている感じが落ち着くのか、
寝つきが良くなったとの声もあります。

いつも授乳で使っているので
安心感があるのかもしれませんね。

お座りの練習にも

お座りを始めたばかりのころは
まだ安定感も悪く、ママも目をはなせません。

後ろにひっくり返って頭を打ってしまうこともあります。

でも授乳クッションのおかげで
お座りを始めたばかりの赤ちゃんでも
安心してあそばせておくことができます。

ママのごろ寝クッション♪

授乳クッションはママのごろ寝にもピッタリ!

大きさといい安定感といい
丁度いい抱き枕に早変わりしちゃいます♪

肘置きクッションとして

ソファに座って本を読んだり、
パソコンを操作するときに丁度いい肘置きにもなります。

このように利用することもできるんですね♪

授乳クッションをはじめ、
ベビー用品や育児のお役立ちグッズは
こちらのショップで購入できます♪

⇒ベビー用品のお店【ネットベビー】をチェックしてみる

 

ちなみに、こちらの動画で
ちょっと変わった授乳クッションの使い方を試してる
ママさんがいましたので、合わせてご覧くださいね^^

まとめ

授乳クッションの使い道や
代用方法について紹介しました。

いかがでしたか?

授乳用クッションはできればあった方が楽!
タオルなどでの代用もできる!
授乳以外にも使い道はある!
以上参考にしてくださいね。

こちらの記事も合わせてご覧ください
⇒妊娠線ができた時期は?予防はいつから始めるべき?

スポンサードリンク



コメントを残す