スポンサードリンク

妊娠したけど胎児が小さい…原因は何?

妊娠したら、行なう妊婦検診では
エコーで直接赤ちゃんを確認できたり
医師に悩みを相談できるので
色々と不安なことが多い妊娠中は
検診の日が待ち遠しいという人もいるでしょう。

しかしその検診で医師から
「赤ちゃん、標準よりも小さめですね」
なんて言われたら、とても不安になりますよね。
「私の栄養が足りてない?」
などと不安になってしまうかもしれませんね。

そこで今回は
胎児が小さい原因についてまとめたいと思います。

スポンサードリンク



胎児が小さい原因は?

そもそも
お腹の中にいる胎児の大きさがどうしてわかるのでしょうか?

医師がエコーをお腹に当てながら
マウスを動かしてカチカチッと
クリックしているのを見たことがあると思いますが、

その時胎児の頭の大きさや
脊椎の長さ、大腿骨の大きさを測り推定体重を出しているのです。

その胎児の推定体重を
胎児発育曲線に照らし合わせて“大きい”“小さい”と判断されます。

背が大きければ低い人がいるように
胎児の成長も個人差は大きく、
そこまで心配する必要がないことがほとんどです。

推定体重はあくまで推定で誤差もあるので
心音等で異常がなければ心配することが無いと言われています。

ですが“小さい”と言わると心配になってしまうものです。

それでは
胎児が小さい場合の原因についてみていきましょう。

推定体重の誤差

前述したように
推定体重には誤差があり、
その誤差は±200gと言われています。

遺伝

「親の出生体重が大きいと子供も大きい」

なんて話は聞いたことありませんか?
必ずしも遺伝するとは限りませんが遺伝することもあるようです。

胎児の先天的なもの

まれに先天的な要因で発育不全になることがあります。

母体の何らかのトラブルや生活習慣

妊娠高血圧症、子宮や
胎盤の異常、喫煙や飲酒、ダイエット
歯周病など母体の変化が胎児に影響することもあります。

これは現代の妊婦さんに多い胎児が小さい原因だそうです。

胎児を大きくする方法ってある?

では胎児を大きくする方法はあるのでしょうか?

遺伝や胎児の先天的な原因は医師の指示に従うことが一番です。

ですが母体の何らかのトラブルや生活習慣は改善することによって胎児を大きくすることができます。

  • 喫煙や飲酒を我慢する
  • ダイエットをしない
  • バランスの取れた食事をとる
  • 無理をせずゆっくり過ごす

これらは基本的なことですが
妊娠中はホルモンバランスも乱れ、

体が重たく思うように動かせず
疲れも疲れやすかったりストレスがたまりやすい為

継続するのは難しいことです。

妊婦さん一人でゆっくりと過ごせるよう心がけるだけではなく
旦那さんなど家族に協力してもらって
健康的に過ごすことが大切ですね。

胎児の頭が大きい…病気の可能性は?

エコーでは胎児の頭囲もはかれるため

「胎児の頭が大きい」

と医師から言われるケースもあります。

胎児が小さいというのも心配ですが
大きいといわれるのもまた心配ですよね。

これも推定体重同様、
誤差が生じるため
「産まれたら普通だった」
ということがほとんどですが

では病気の可能性はないのでしょうか?

胎児の頭が大きい原因には
誤差、遺伝が原因での心配する必要ない場合と
胎児水頭症という病気の可能性があります。

胎児水頭症とは、何らかの原因で
頭部に過剰な水分が溜まって
頭が大きくなってしまう病気です。

エコー検査で診断できますが
産まれてからの手術になり、

重症であると
意識障害や言語障害などの後遺症が残ることがありますが、
症状が軽ければ
ほかの子どもと何も変わりなく生活できます。

胎児水頭症の場合は
医師か必ず母親に伝えられるため、

「大きい」と言われても
ほかに何も言われなければ心配することはないでしょう。

授かった大切な命は
産まれるまでは何も見えず不安になることばかりで、
医師から言われる言葉の一つ一つが気になってしまいますよね。

私も今思い返せば
目を大きく開き、耳をたてて
必死な顔で検診を受けていました。

不安は絶えないと思いますが
少しでも心配なことは一人で考えすぎず、
医師に相談して不安を取り除き
楽しいマタニティライフを過ごしてください。

スポンサードリンク



コメントを残す