スポンサードリンク

葉酸の摂取は妊娠発覚後では遅い?



「葉酸の接種は妊娠前から」

「妊活中にから葉酸摂取するべき」

このように
妊娠前からの葉酸摂取は大事であるというのが、
妊娠を望む女性の常識ともいえるほど
当たり前のことになってきています。

その一方で、

「妊婦に葉酸が必要だなんて
妊娠してから知った」

「妊娠発覚後に葉酸摂取するのでは遅い?」

など、
妊娠後に初めて葉酸の必要性を知った
という人もまだまだ多いのが実情です。

ここでは
葉酸は妊娠発覚後に摂取するのでは
本当に遅いのかどうかについて説明していきたいと思います。

  • 妊娠発覚後の葉酸は必要ないの?
  • 理想の葉酸摂取量って?

という疑問にもお答えしていきますので、
気になるあなたは早速続きをチェックしていきましょう。

スポンサードリンク



葉酸の接種は妊娠発覚後では遅い?

葉酸が妊娠前から必要だといわれている理由の一つに

葉酸不足により、
胎児がが細胞分裂をして成長していく過程で障害が発生してしまうリスクが増えるからという事があります。

 

そして最も細胞分裂が活発に行われ
脳やその他の重要な神経器官を作るのが
妊娠12週ころまでと言われているんですね。
ちなみに妊娠12週というのは
多くの女性が妊娠したことに気づくタイミングでもあり、
これが葉酸摂取は妊娠発覚後では遅いといわれる理由になります。

妊活中だったり、
基礎体温を付けている場合は
もう少し早いタイミングで妊娠がわかる可能性もありますが、
それでもはやくて妊娠6週くらいでしょう。

それでは妊娠発覚後に葉酸を摂取する必要はないのでしょうか?

妊娠発覚後の葉酸は必要ないの?

葉酸が胎児の成長にためにも
妊娠前から摂取しておく必要があるというのはすでにおはなししましたが、

「じゃあ妊娠発覚後の葉酸摂取は必要ないの?」

と思いますよね?

「でも妊婦用の葉酸サプリとか
たくさん売ってるじゃない!」

と思う人もいることでしょう。

実際、
妊娠発覚後の葉酸摂取は必要ないのでしょうか?

赤ちゃんに障害が発生するリスクを軽減するためには
妊娠前から妊娠12週くらいまでの葉酸摂取が必要ですが、
それ以外にも葉酸には造血やDNAの生成にも大きくかかわっているので
やはり妊娠発覚後でも葉酸摂取は必要なんです。
それでは、どのくらいの量の葉酸をとればいいのか、
理想の葉酸摂取量についても
チェックしていきましょう。

理想の葉酸摂取量まとめ

葉酸は妊娠の時期によって必要量が違ってきます。

  • 妊娠前~妊娠初期
  • 妊娠中期~妊娠後期
  • 産後~授乳期

このように時期別に葉酸の必要量を紹介していきますね。

妊娠前~妊娠初期

一番葉酸を多く必要とする時期です。
妊娠前から妊娠初期にかけては
一日400~640μgの葉酸が必要になります。

妊娠中期~妊娠後期

この時期は妊娠初期に比べると少し
葉酸の必要量は減りますがそれでも
400~440μgの葉酸を摂取する必要があります。

産後~授乳期

意外に見落としがちなのが
産後、授乳期の葉酸摂取です。

赤ちゃんへの栄養が母乳から伝わるので、
いい母乳を作るためにも葉酸が必要なんですね。

この時期は
280~340μgの葉酸摂取が必要になります。

一般の成人女性の一日の葉酸必要量が
240μgですから、どの時期でも
通常よりも多くの葉酸を摂取するようにしなくてはいけませんね。

ただ妊娠中はつわりなどで思うように葉酸をとることができないという人もいると思います。

せっかく葉酸サプリを買っても
「飲めなかったらどうしよう…」

そんな不安もあるかもしれませんね。

妊娠・妊活中の葉酸サプリは
まずサンプル等で試してから購入するのが一番なのですが
なかなか葉酸サプリのサンプルって
手に入らな買ったりするんですよね。

そんな場合におすすめなのが
返金保障のあるサプリメントを試してみるという方法です。

例えば葉酸サプリ「sazukaru」

万が一サプリが自分に合わなければ
商品到着後10日以内であれば
全額返金保障がついているので
安心して試してみることができます。

⇒葉酸サプリ「sazukaru」の公式ページを見てみる。

「葉酸サプリを買ったはいいけど
飲めなくて無駄になってしまった」

という心配がなくなるわけです。

まとめ

いかがでしたか?

  • 胎児の障害のリスクを軽減するためにも葉酸は必要
  • 造血やDNAの生成にかかわるので妊娠発覚後でも葉酸摂取をする

紹介した必要量を参考に妊娠時期に適した葉酸を摂取するようにしましょう。

 




 

コメントを残す