スポンサードリンク

妊娠検査薬はいつから使える?ピルを飲んでいても妊娠判定できるの?

ピルを飲めば、99%避妊できると言われています。

しかし、ピルを常用して避妊されている方は、万が一でも妊娠されたくない方なので、1%の可能性でもあると、ちょっと生理が遅れると
「もしかして妊娠しちゃった…?」

と思ったり、
身体の調子が悪かったりすると

「もしかしてつわりじゃ…」

なんて思うこともあるかもしれません。

そンな時に使うのが妊娠検査薬ですが
ピルを服用していた場合
きちんと判定できるのかって心配ですよね。

「ピルを飲んでいても妊娠判定出来るのか?」

「いつから妊娠検査薬を使用したら正しく検査できるのか?」

そんな疑問を解決していきたいとおもいます。

スポンサードリンク



ピルを飲んだら妊娠検査薬にも反応するの?

そもそもピルを飲むと避妊が出来るのは、
女性ホルモンの量を高めて身体に
「今、私は妊娠しています」
ということを脳に誤認させることで避妊に繋がっています。

身体が妊娠したと思っているなら
妊娠検査薬にも当然反応するのでは?

もし、ピルを飲んでいるだけで反応していたら
赤ちゃんが成長するまで妊娠がわからないってこと?

そう心配されるかもしれませんね。

ピルと妊娠検査薬の妊娠判定基準のちがい

ピル服用で脳が「妊娠している」と判断する基準と
妊娠検査薬での妊娠判定ではその基準がそもそも違います。

・ピル…ピルに含まれるエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが妊娠している状態のホルモンバランスとなって、脳が誤認します。

・妊娠検査薬…着床時のHCGホルモンを検出して妊娠判定をします。

このように妊娠を判断するためのホルモンがそれぞれ違い、
実際に妊娠してなければHCGホルモンが出ることはないので、妊娠してなければ妊娠検査薬は反応しません。

ですから、ピルを常用していても
妊娠判定は正しくできるので安心してくださいね。

関連記事
⇒妊娠検査薬の蒸発線が出るのはいつから?時間はどのくらい?

妊娠検査薬はいつから使えるの?

ピルを飲んでいる飲んでいないに関わらず、
妊娠検査薬は性行為を行ってから
3週間後にはまず間違いなく妊娠判定が正しく出ます。

妊娠検査薬も99%は正しく判定できるものが多いです。

妊娠検査薬でいつから妊娠を判定できるのかといえば
生理予定日から一週間後、
性行為後から3週間後にするのがベストでしょう。

その期間で妊娠していれば陽性反応が出るし、
妊娠していなければ陰性反応が出ます。

関連記事
⇒妊娠検査薬で妊娠を判定できるのはいつからいつまで?

ピルも妊娠検査薬も正しい使用を!

稀にピルの服用も妊娠検査薬の使い方も間違った方法で行う方がいます。

どちらもほぼ100%の確率で妊娠しない、検査できるにも関わらず妊娠してしまうケースや陽性反応が出たのに病院へ行くと妊娠していないなどのケースもあります。

これはどちらも間違った使い方をしているためであることがほとんどです。

使い方には気を付けて正しく使用してくださいね。

関連記事
⇒妊娠検査薬の正しい使い方!いつの尿で調べたらいい?

スポンサードリンク



コメントを残す