スポンサードリンク

妊娠線はいつから薄くなるの?


妊娠中にできてしまった妊娠線。

ちゃんと予防していたはずなのに妊娠線ができてしまった
という方も多いと思います。

「妊娠線って時間がたてば消える?」

「ずっとこのままなの?」

と不安にになりますよね。

妊娠線は時間とともに薄くなっていくのでしょうか?

なるのであれば
いつから薄くなるのでしょうか?

それでは
具体的に妊娠線を薄くしていくことについて触れていきましょう。

スポンサードリンク



妊娠線はいつから薄くなるの?

「妊娠中も一生懸命ケアしていたのに
妊娠線ができてしまった」

「全くケアしてないけど妊娠線はできなかった」

など、いろいろなケースがありますが

妊娠線のできやすい肌質の人、
そうでない肌質の人っているんです。

残念ながらある程度は仕方のないものなんですね…。

それでも女性であれば、一日も早く
薄く、目立たなくなってほしいというのが本音ですよね。

妊娠線が目立たなくなり、薄くなるまでの期間は
妊娠線の深さや出来た部位にも大きく変化していきます。

肌の狭い範囲でできた薄っすらとした妊娠線の場合は
3ヶ月~半年でほぼほぼ薄く目立たくなる傾向にあります。

残念ながらお腹周りに深く広範囲でできてしまった妊娠線の場合は
しっかりとケアしても数年以上かかることもしばしばあるのです。

すでにできてしまった妊娠線を少しでも早い時期に
薄く目立たなくしてあげる事がポイントになってきます。

妊娠線を薄くするための2つの選択肢

できてしまった妊娠線薄くしたいという場合
2つの選択肢が考えられます。

まず皮膚科や美容整形外科等の
レーザー機器を完備したクリニックで施術するという方法です。

妊娠線の状態にもよりますが
通常は最低でも5~6回程度の施術を繰り返すことで徐々に効果がでてきます。

予算としては25~30万円程度は覚悟しておいた方が良いでしょう。
※クリニックによって費用は変わります。

そしてもう一つは自宅でのセルフケアです。

これは妊娠線専用クリームを毎日継続的に塗りこむことで
妊娠線を薄く目立たなくしていく方法です。

妊娠線クリームを塗り込むことで
肌のターンオーバーを促進して
徐々にコラーゲン繊維の結合を強化していきます。

肌の柔軟性や弾力性を上げることができるので、
今後の妊娠線の予防の面でもお勧めの方法といえるでしょう。

クリニックでの施術は効果が出るのが早いですが費用が高くなってしまいます。
産後、赤ちゃんのお世話で忙しいママには治療に通う時間を確保するのも難しいかもしれませえんね。

一方の自宅でのケアは、
効果が表れるまでに時間がかかってしまいますが
費用は安く抑えることができます。

まとめ

妊娠線は時間とともにある程度は薄くなりますが
できるだけ早くきれいにしたいという場合には
きちんとしたケアを行う必要があります。

  • クリニックでの治療
  • 自宅でのセルフケア

予算や生活環境に合わせて2つの選択肢から選びましょう。

スポンサードリンク



コメントを残す