スポンサードリンク

妊娠希望の女性必見!一日の葉酸必要量は?



妊娠したら
「葉酸を取らないといけない!」
と知っている女性は多いと思いますが
その葉酸の知識本当に正しいのでしょうか?

闇雲に葉酸だけを摂取していては
本来の効果が期待できないことも考えられます。

それでは、
元気な赤ちゃんを出産するための正確な葉酸の知識について
調べてみることにしましょう。

スポンサードリンク



妊娠希望の女性が摂るべき葉酸の必要量は?

妊娠中にも必要な葉酸ですが
実は妊娠希望の女性にも葉酸摂取は必要なんです

妊娠希望の女性が摂取するべき葉酸の必要量は
一日
400マイクログラムと言われています。

 

妊娠初期に胎児が成長するために必要な葉酸量が
この400マイクログラムといわれていますが、

妊娠が判定できるのは
多くの場合、妊娠3ヶ月頃になりますので
妊娠がわかってから葉酸摂取をしたのでは

妊娠初期の大切な時期に
葉酸が足りていないということにもなってしまいます。

ですから、
「妊活中から一日400マイクログラムの葉酸摂取を」
といわれているのです。

 

葉酸をとることで妊娠しやすくなるというわけではありませんが
栄養バランスを整えることで健康的な体を維持することにもなります。

それが結果的に
妊娠しやすい体作りにもつながるので
妊活中からしっかりと葉酸をとるようにしましょう。

 

ちなみにですが、
普段の生活を送っている時期の女性にとっても
葉酸というのはとても大切な栄養素で
「赤血球」を作るという作用を担っているので
貧血予防のためにもおすすめの栄養素なのです。

葉酸を取る時期はいつから?

葉酸を取るべき時期は
女性の場合「いつでも」というのが正解ですが、

産婦人科の先生に
「一番重要なのは妊娠前なんだけどね」
と言われたことがあります。

もちろん妊娠したから
葉酸を取らなくてもよいというというわけでもありません。

妊娠希望があって妊活する場合には
そのタイミングで葉酸の摂取を積極的に行っていくきましょう。

普段の食事だけで必要な栄養素を補う事は難しいので妊活中は特にサプリメントも上手に取り入れていくのがいいでしょう。

例えばサプリメント「sazikaru」なら妊活中はもちろん妊娠中、産後の授乳期に必要な栄養分も補うことができます。
⇒サプリメント【SAZUKARU】公式ページはこちら

 

「sazukaru」は10日間の返金保証付きなので
まずは気軽に試してみることをおすすめします。
授乳期になると、
少し油断をしてしまうかもしれませんが、
母乳はママの血液から造られますので

この時期にも
貧血予防のために葉酸摂取が必要になります。

葉酸の過剰摂取による影響とは?

葉酸は水溶性ビタミンに分類されているため
通常の食生活で過剰摂取になることは考えにくい物でもありますが

サプリメントなどで気軽に摂取することもできます。

その場合
過剰摂取となるのが1000マイクログラム以上と言われています。

1000マイクログラム以上を摂取すると
葉酸過敏症を起こしてしまうことがあり
発熱やじんましん、
呼吸障害やかゆみを引き起こしてしまうこともあります。

 

まとめ

葉酸は健康のためには欠かせない栄養素で
妊娠希望期間中、妊娠中、授乳中にも重要なものです。

ですが何事も「適量」ということが大切です。

過剰摂取によるリスクもありますので
必要量をしっかり守って摂取しましょう。

 

スポンサードリンク



 

コメントを残す