スポンサードリンク

妊娠検査薬で妊娠を判定できるのはいつからいつまで?



自分で手軽に妊娠を判定することができる妊娠検査薬。

早ければ生理予定日から判定できるものもあります。

妊活中の女性であれば早い段階で妊娠を知ることができる便利アイテムですが

予定外の妊娠であった場合は
妊娠に気が付くのも遅くなることもあり得ます。

そんな時、
「時期が遅かったら正しく妊娠を判定できるの?」

と心配になることもあるのではないでしょうか?

妊娠検査薬で妊娠判定できるのはいつまでなんでしょうか?

スポンサードリンク



そもそも妊娠検査薬はどうやって判定するの?

まずは妊娠検査薬でどうやって妊娠を判定するのかを確認しておきましょう。

受精卵が子宮内膜に着床すると妊娠したと言える状態になります。

その後、
胎盤の元になる絨毛がから、hCGホルモン(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)が分泌され始めます。

妊娠検査薬は
妊娠した時に分泌されるhCGホルモンの濃度で妊娠を判断するわけです。

このホルモンは尿内にも含まれるため
尿を妊娠検査薬にかけたり浸したりして判定するんですね。

関連記事
⇒妊娠検査薬の正しい使い方!いつの尿で調べたらいい?

いつから妊娠検査薬で判定できるの?

先ほど記したように、妊娠検査薬は
hCGホルモンが分泌され、尿内に含まれているかどうかで判定します。

hCGホルモンは妊娠2~3ヶ月頃がピークで排出されます。

早ければ、生理予定日の数日前から尿内に検出される方もいます。

多くの妊娠検査薬は、
確実に判定できるのは生理予定日の一週間後からの使用とされています。

早期から使用できる妊娠検査薬で、生理予定日から使用可能なものもあります。

早すぎると濃度が薄く
妊娠していても陰性が出てしまうことがあります。

陽性の線と蒸発線の見分けがつかなくて迷ってしまうなんてトラブルがあるのも検査する時期が早すぎるという場合が多いですね。

関連記事
⇒妊娠検査薬の蒸発線が出るのはいつから?時間はどのくらい?

妊娠検査薬で正しく妊娠判定できるのはいつまで?

ただ生理が遅れているだけかもしれない…と思っていたり、生理不順の方は、妊娠検査薬の使用が遅くなってしまう事もありますよね。

ただ、妊娠中はhCGホルモンが分泌されているから
遅くなる分には問題ない、ということではありません。

時期が遅くなるとhCGホルモンの濃度は高くなっていきます。

濃度が高すぎると、
正しい判定ができないことがあるんです。

遅くても
妊娠5ヶ月頃までの使用で正しく妊娠を判定することができます。
こように妊娠検査薬は早すぎても遅すぎても、
判定ができないことがあるんですね。

妊娠検査薬を使う場合には正しい時期に使用することが大事ということです。

スポンサードリンク



コメントを残す