スポンサードリンク

妊娠中の葉酸はオレンジジュースでも摂れる?オススメ飲み物は?



妊活中の女性や、
妊娠中の女性にとって
『葉酸』は大切な栄養素であることが
広く知られるようになりました。

葉酸を多く含む食品や、
サプリメントを摂りましょうと言われますが、
その中でも、オレンジジュースから
葉酸がたくさん摂れると聞いたことはありませんか?

そこで今回は、
葉酸とオレンジジュースの関係や、
おすすめの飲み物を紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク



葉酸の必要性は?

妊娠期に欠かせない栄養素、葉酸。

葉酸とは
水溶性のビタミンB群の1種で
妊娠初期のママは
1日480㎍を摂ることが望ましいと言われています。

ママが適量を摂ることによって
赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクが
70%下がることが分かっているからです。

まずは、
一般的に葉酸を多く含んでいる
と言われている食品を見てみましょう。

  • 春菊(ゆで) 25㎍ /1株
  • ブロッコリー(ゆで) 198㎍ /1個
  • ほうれんそう(ゆで) 220㎍ /1わ

これらの食材は
葉酸の量は多いものの、
一度にたくさん食べることはできない量です。

これだけの野菜を
毎日食べている方は少ないので、
いかに、葉酸が
不足しがちな栄養素かが分かると思います。

オレンジジュースだけで葉酸は摂れるの?

ここで注意すべき点は
それぞれのメーカーによって
葉酸の含まれる量が違うことです。

メーカーによっては
100gあたり約23~28㎍ ほどの差があります。

せっかく飲むのであれば
葉酸が多く含まれているものを選びたいですよね。

商品には
栄養成分の明記がありますので、
参考にしていただくといいかと思います。

オレンジジュースには
免疫力を上げるビタミンCも多く含まれていて
感染症や風邪の予防にも役立ちます。

「つわりで何も食べれない…」
というママにも、
さっぱりしたオレンジジュースなら
手軽に飲んで葉酸がとれそうですね。

また、
カリウムも多く含んでいるため
体内に過剰に摂取された塩分を排出し
むくみ高血圧の予防に役立ってくれます。

しかし、妊娠中の葉酸は
1日480㎍ が必要なので、
オレンジジュースだけで摂るには
約2リットルが必要です。

いくら葉酸が含まれているとしても、
そんなにたくさんは飲めませんよね。

しかもオレンジジュースは
糖分をたくさん含んでいます。

糖分の摂りすぎは
体重増加糖尿病などの
リスクも上がりますのでおすすめできません。

では、
オレンジジュース以外に
葉酸が含まれる飲み物はどんなものがあるでしょうか。

ほうじ茶では
100mlに葉酸が13㎍ 含まれています。

しかし、ほうじ茶には
カフェインが含まれているので
一日1~2杯程度が目安となります。

豆乳には
100mlあたり30㎍ 含まれており、
タンパク質鉄分カルシウムなど
不足しがちな栄養素も摂ることができます。

野菜ジュース
野菜や果物が原材料なので
葉酸を摂取することができますが、
飲みすぎはやはり糖分が気になります。

葉酸が含まれる量は
メーカーによって様々なので、
購入する際はより多く含むものを選ぶといいでしょう。

オレンジジュースだけで葉酸を賄うのは現実的ではない!

オレンジジュースには
葉酸だけでなく、
妊娠中に必要な栄養素を含んでいます。

しかし、摂りすぎや手軽さを考えると
オレンジジュースだけでは
必要な葉酸をまかなうことはできません。

飲むのであれば一日2杯までと考えましょう。

オレンジジュースだけで
必要な葉酸をすべて補うというより、
妊娠中は
お腹にいる大切な赤ちゃんの為にも、
手軽で安全な葉酸サプリ
普段の食事で不足しがちな葉酸を
確実に摂ることをおすすめします。

スポンサードリンク