スポンサードリンク

結婚式に着ていく服はワンピース以外でもいいの?

5aca4838e554119183f0011f3a71ecd1_s

女性が
結婚式に参列する際の服装と言えば、
ドレスやワンピースが一般的です。

幅広い年代の人にとって
着こなしやすいアイテムですし、

可愛らしく華やかなので
結婚式に華を添えるという観点からも
選ばれやすいアイテムだと思います。

ですが、もしドレスやワンピースを
持っていない場合はどうすればいいのでしょうか。

ワンピース以外に着てもいい服
逆に避けるべき服について見ていきましょう。

スポンサードリンク



結婚式にワンピース以外を着ていってもいいの?

以前は、
「女性のパンツスタイルは
    フォーマルではない」
とされていたため、
結婚式での服装としては
NGという意識が強かったのですが、

最近では
オシャレの一つとしても認められて
結婚式で着用している人も増えてきています。

しかし、どうしても
ワンピースやドレスと比べると
華やかさに欠けてしまうため、
パンツスーツを着用する際には
気をつけなければならない点もあります。

例を挙げると、
ブラウスをレース飾りのあるものにしたり、
ふんわりした
シフォン光沢のあるサテン生地のパンツにしたり、
ブルーやベージュ・薄いピンクなどきれい色のカラーにしたりというように

ブラウスの

  • デザイン
  • インナー
  • カラー
  • 素材

のチョイスなども大事になってきます。

アクセサリーで華やかさを出すことも大切です。

結婚式に着てはいけない服はどんなものがあるの?

それでは
結婚式に着ていけない服装を見ていきましょう。

リクルートスーツ

パンツスタイルではあるのですが、
リクルートスーツ
普段着・仕事着になるため、
結婚式での着用にはむいていません。

黒・白の服

不吉なイメ-ジを連想させる黒は
着てはいけません。

また、黒と同じくらいNGカラーが白です。

白一色だと、
花嫁のウェディングドレスと
かぶってしまうためです。

結婚式で
白い衣装を着ることができるのは、
花嫁の特権なんですね。

他にも、
ヒョウ柄やゼブラ柄といった
アニマル柄・毛皮ファー
殺生を連想させるため避けましょう。

アニマル柄の場合、
派手すぎるという点でも
よくありません。

また、ミニ丈のスカート・パンツや、
胸・肩などの過度な露出がある服もNGです。

まとめ

女性が結婚式で着用する
一般的な服としては、
ワンピースが人気ですが、

スカートが苦手だったり、
たまには他の人と違った服装をしてみたいという人は、
パンツスーツにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

今回紹介したパンツスーツですが、
友人の結婚式に出席すると想定した際の着用アイテムとして参考にしていただけたらと思います。

結婚式と一言で表しても、
格式や出席する立場によって、
着てもよいアイテム・着てはいけないアイテムがあるので
注意する必要があります。

スポンサードリンク