スポンサードリンク

葬式マナー!パンプスの素材でNGなのは?

d3c50ea457b30b90c57f7057d2860a63_s

お葬式の際、
喪服やバッグには気を遣ってるのに、

意外と見落としがちなのが
足元のマナーです。

「靴なんて見られないし大丈夫」
と思うかもしれませんが、
意外に見られているので
気をつけなければいけません。

ここでは、
女性がお葬式の際に履くパンプスの
いい例・悪い例を見ていきましょう。

スポンサードリンク



パンプスのOKな素材は?

お葬式の際に履くパンプスは
シンプルなツヤのない革製
もしくは布製のものが基本です。

色はを選びましょう。

形は先が丸いもので
ヒールの高さは、
3~5センチくらいの高さ
安定感のあるものがよいでしょう。

太いヒールだと、
歩くときにコツコツ音がしにくく
疲れにくいのでおすすめです。

歩くときの音というのは、
厳かな雰囲気のお葬式では
大変重要なポイントです。

最近では、
ヒールにゴムがついているものや
音を吸収する素材がついているタイプもあります。

ストラップがあるものは、
華やかに見えてしまうことと、
式場によっては靴を脱ぐ必要があり、
その時に脱ぎ履きがしにくいためおすすめはできません。

ストラップつきのパンプスを履く時は
留め具がなど光り物はさけましょう。

パンプスのNGな素材は?

ツヤツヤと光沢のあるものや、
殺生を連想させるスエード素材や
ワニ革・ヘビ革、アニマル柄のパンプスはNGです。

先が尖っているものや、
つま先が開いているもの、
またヒールが高すぎるものは
派手すぎです。

逆にヒールのないぺたんこの靴も
地味な印象になってしまうので避けましょう。

また、カジュアルなウェッジヒールや
細くて安定感のないピンヒールも選んではいけません。

ピンヒールは
歩くとコツコツ音がしてしまうという点からもよくありません。

レースや刺繍・リボン・花柄のように
飾りがついているパンプスも
いくら黒一色だからと言ってもマナー違反です。

まとめ

黒いパンプスであれば
特に問題はないように思いますが、
素材や形・ヒールの高さまで
気をつけなければならない点はたくさんあるのですね。

気にしていないようで、
意外と見られているのが足元です。

マナー違反にならないよう
正しいパンプスを選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク