スポンサードリンク

肩こりで眼球も痛い…原因と対処法まとめ

5cac5f24607ad65f9a24a905906eaa33_s

パソコンやスマホ。
仕事や趣味で、
一日中向き合っている方も多いのではないでしょうか。

気が付くと
「あれ肩が痛い…」

しばらくすると、肩だけでなく
「あれ?眼球まで痛い…」

なんて症状が現われたことはありませんか?

肩こりと目の疲れって
実は原因があるんです。

ここでは肩こりと目の疲れの関係
対処法をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク



なぜ肩こりが目の疲れまで?その原因は?

肩こりと共に現れるこんな症状に心当たりはないですか?

  1. 目が充血してしょぼしょぼする
  2. 目が乾いて目薬が欠かせない
  3. 物を見るのがつらいほど疲れやすい
  4. 目の奥がずきずき痛む。

気が付かないうちに目の疲れが進行し
症状が慢性化すると
休息を取っても治らなくなります。

目の疲れが進んでしまうと
眼精疲労の原因になるのですが、

体からの異変でも起こるのです。

そのひとつが肩こり

顔や頭の神経は首を通っているので
首に負担がかかることで神経を圧迫します。

そのため、
目の奥にまで痛みが起こるというわけです。

言い換えれば
肩こりを軽減できれば
眼球の痛みを改善することができます。

肩こりと眼球の痛みを解消する4つの方法

続いて、肩こりと眼球の痛みを
解消する方法をご紹介します。

①姿勢を良くして体の負担を減らす

目の周りには、眼球を支えたり
ピントを合わせるのに必要な筋肉があります。

目を長時間酷使し続けると、
筋肉がこり固まり
痛みや、かすむなどの症状が出てくるんですね。

すると、
痛みや見づらさを解消するために
前かがみになり首への負担が増えてしまいます。

首への負担が増えてくると
筋肉でつながっている肩まで緊張状態が伝わり、
肩こりにもつながるというわけです。

逆に、
肩こりが目に負担をあたえ、
痛みが出ることもあります。

まずは、背筋を伸ばし
肩、眼球への負担を減らしましょう。

②エクササイズで体を温める

仕事や家事の合間に
エクササイズをしてみましょう。

肩を回したり、
上げ下げするだけでも血行が良くなります。

1日の終わりの入浴タイムに
お風呂でのストレッチもおすすめです。

③体に合った枕を選ぶ

1日の1/3は睡眠時間といわますが、
使用する枕が合わなければ
余計に体が疲れてしまうことも。

高さの合わない枕では
寝返りがしにくく熟睡できないため
睡眠トラブルが起きるのです。

そうなると、
目が覚めたら肩がこっていたり
目の疲れが取れていなかったり…。

体のいたる所にトラブルが起きてしまいます。

自分の体に合った枕選びは
良い睡眠を促し、体の疲れを解消するのです。

④一日の疲れはその日のうちにリセット

一日頑張って疲れがたまった体。

疲れを翌日まで持ち込むと
慢性疲労になり、
肩こりや目の疲れを
ますます悪化してしまいます。

40~42℃のお湯にゆっくり浸かり、
疲れと肩こりをリセットしましょう。

この時、肩を上げ下げしたり
回したりするストレッチもおすすめです。

湯船には
肩までしっかり浸かってくださいね。

目の疲れには
温かいタオルを目の上に乗せるのも効果的です。

じんわりと温かい蒸気が
目の疲れを癒してくれます。

まとめ

いかがでしたか。

「まさか肩こりが
眼球の痛みにつながっているなんて」

と驚かれた方も多いのではないでしょうか。

肩と眼球は筋肉や血管でつながっています。

まずは肩こりを解消して
目の不快感を改善していきましょう。

スポンサードリンク