スポンサードリンク

子供の病気!熱だけで元気があるとき病院へ行くべき?



子供の急な発熱。

子供が「キャッキャ」元気だと、
「え?これって、病院へ行った方がいいのかな?」

と悩むことがあると思います。

病院へ行って別の病気をもらってくる心配もあるし
やたらと病院を受診するのは逆に心配というママもいるでしょう。

でも、
「熱が高くなったら脳に影響があるかも?」
と心配になる声もちらほら聴きます。

今回はそんな悩めるお母さんに
子供が熱を出した時、
どれくらいどんな症状だったら病院へ受診するべきか?

詳しくご紹介したいと思います。


 <成長応援サプリメント>

子供の37.5度は熱?微熱?平熱?

子供はそもそも大人よりも平熱が高かったりします。

特に生後間もない子は
36.5度から37.5度くらいでも平熱という事もあります。
そして大きくなるにつれ、
少しずつ平熱は下がっていきますがやっぱり体温が高めで

37.5度くらいだと
子供によってケロッとしてることも少なくありません。

保育園の基準だと
「37.5度以上で朝登園すると預かれません」というのが、割と多いと思います。

でも、預けたばかりのお子さんって、お母さんと離れたくないとギャンギャン泣きます。

すると興奮状態で体温が上がり、あっという間に37.5度。

保育園では預かってくれず
泣く泣く家へ帰った頃には機嫌よくなり、
36度台の平熱になっているなんてことがたくさんあるんですよね。
普段から子どもの平熱が何度か?
というも知っておくことが重要です。

普段、平熱が36.0度の子が37.5度になっていたら
やはり発熱と言わざる負えませんし、
平熱が37.0度の子なら大したことはないという判断にもなりますよね。

子供の38.0度は熱!38.5度以上は危険!?

38.0度台まで行くと
風邪などのウイルス感染が考えられます。
その場合は病院を受診する必要が出てきます。

38.5度以上になると重症化の危険性もあるので、
早めに受診する必要があるでしょう。

「これくらい寝てれば大丈夫だろう」
と思って様子を見てたら、
実は肺炎になっていて入院などということも考えられますし、
インフルエンザだったということもあります。

熱だけで元気がある時って本当に病院へ受診の必要があるの?

「顔色が青い」

「子供が痙攣している」

「水分も食事も取らない」

と言った体調が良くない状態が続けば、すぐに病院への受診が必要になってきます。

けれど、
食欲もあり、意識がはっきりしていて
走り回っちゃうくらい元気な場合も子供だとよくありますよね。

もしそれが夜間だった場合は、
翌朝の平常の開院時間まで待って頂いて大丈夫でしょう。

子供を夜起こしてまで連れて行く必要はありません。

落ち着いて経過を見て、翌朝受診しましょう。

ただし、
生後3ヶ月未満の乳児だった場合は
「細菌性髄膜炎」という病気の可能性もあるので、
早めに受診した方がいいでしょう。

この時「解熱剤」の利用は、
むやみやたらに素人判断はしないことが賢明です。

熱は本来ウイルスと戦って起こる症状ですから
「解熱」することで、その力が弱まってしまう恐れがあります。

どうしても、「こんな時でも受診していいの?」と困った場合は、最近自治体や民間サービスで医療相談サービスというものがあるので、そちらを利用する手もあります。

厚生省が行っているサービスで「小児救急電話相談」という#8000を押すと、自宅のある都道府県の相談窓口に繋がり、病院へ受診した方がいいかどうかなどを小児科医や看護師に電話で相談できるサービスがありますよ。

まとめ

子供の熱が出ても、
食欲水分補給も出来ていて元気であればすぐに受診する必要はなし。

慌てる心配はありません。

もし夜間の急な発熱であれば、
子供を寝かせて経過を見て、翌朝受診させても大丈夫です。

急ぐ心配はありませんが、
38.0度以上なら元気でも病院へ受診されることをおすすめします。

どうしても困った時は
#8000の「小児救急電話相談」を利用して見ましょう。

また、日ごろからお子さんの平熱を知っておくことが大事です。

 

 <成長応援サプリメント>

 

コメントを残す