スポンサードリンク

妊娠中の腰痛で仰向けで寝られない!原因と対処法は?



妊娠するとお腹が大きくなるにつれて
体のバランスが崩れやすくなり
それに伴い腰痛になってしまう人も少なくありません。

そうなると今度は
「腰が痛くて仰向けで寝られない」

という人も増えてくるようです。

今回はそんな妊娠中の腰痛で
仰向けに寝られないという場合の
原因と対処法について紹介していきますね。

スポンサードリンク



妊娠中の腰痛で仰向けに寝られないその原因とは?

まずは、妊娠中の腰痛のせいで仰向けに寝ることができないというその原因を見ていきましょう。

仰向けで寝ると比重の大きい、お腹や足、頭が下がり、腰が浮いて反った形になってしまう事で腰への負担が大きくなります。

妊娠されている方の中には普段の生活でも腰痛になっていて、寝る形が仰向けだと更に辛いという方もいるかと思います。

通常姿勢でも、女性は男性に比べ、骨盤が大きい為、お尻の部分が下がりやすく反りやすくなるので痛めやすいです。

妊娠初期では身体が出産に備えて骨盤を緩める為、お尻や腰の筋肉が骨盤を支えようとして腰痛になります。

妊娠後期は更に、体重が増える事で重心が前方に移動し、骨盤や腰椎の傾きを後方へバランスをとろうとする為に背中が張ったり腰痛になったりします。

睡眠時に仰向けの形は余計に悪化させてしまいます。

身体を休める為筋肉も固まり、お腹の重さそのものが腰へ掛かる為痛みが酷くなり、また、子宮や赤ちゃんの重みで圧迫される事により血流が悪くなる事も考えられています。

妊娠中の腰痛!睡眠時の対策は?

それでは、
妊娠中の腰痛でしっかり眠ることができないという場合の対策についてみてみましょう。

①寝具を見直す

枕が高すぎると
腰への負担が大きくなります。
丁度いい高さを見つけましょう。

また、
ベッドや敷布団が柔らかすぎるのも
沈みやすく負担がかかるので固めがお薦めです。

②腹帯をする

日中仕事等できついので
腹帯をされる方多いと思いますが、
寝る時も締め過ぎない腹帯をすると良いと思います。

腹帯にも種類があり、
パンツとセットになった柔らかい帯や
部屋でリラックスする時に強く締めない帯等があるので、
少し締めてあげるだけで変わると思います。

③シムスの体勢で寝る

シムスは有名な体勢ですね。
横向きから上半身だけ少しうつ伏せ気味にして寝る寝方です。

こちらの動画が参考になります。

横向きもシムスでもそうですが、お腹が大きくなってきたり、身体自体の体重が増えると横向きになった時に上に来る半身の重みで胃や肋骨が圧迫され痛くなったり苦しくなります。

普段仰向けやうつ伏せの人は足の納まりが落ち着かなかったりすると思います。

そんな時は抱き枕を使うと楽になりますよ。

実際に私も使っていますが、自然と横向きになるし、重さによる圧迫も軽減されます。

寝不足になる事も多いかと思いますが、なるべく軽減させつつ、出来る事なら昼寝等で寝る回数・時間を増やして身体を休ませてあげて下さい。

家事はパートナーや家族に、仕事は会社の上司や同僚等に相談して一人で抱え込まず、無理をし過ぎて何かあっては遅いので、お腹の子と自分の身体を大事にしてあげましょう。

スポンサードリンク



 

2018年2月1日 コメントは受け付けていません。 妊娠