スポンサードリンク

妊婦が温泉に入るときにダメな成分や注意することとは?

f72a6f213590ac22f169df7767efbc87_s
つわりの時期をおえて安定期に入った妊婦さん。

「温泉に入ってゆっくりしたいな~」
と思う方も多いのでは?

ただ、温泉に入るのにダメな成分は?

などいくつか気になる点がありますよね。
今回は、妊婦さんが温泉で気を付けるべき点をご紹介します。

スポンサードリンク



妊娠中の温泉は問題ないの?

実は2014年まで妊娠中の温泉はタブーとされてきましたが、2014年に環境庁より妊娠中の温泉がダメである科学的根拠はない、と考えが改められました。

妊婦が温泉入浴しても、母体、胎児ともに何ら影響がないことが認められました。

よって、妊婦さんでも心配せずに温泉に行きましょう。

とは言っても気を付けたいところはあるようです。
まずは温泉の成分ですが妊娠中に入ってはいけない泉質というのはありません。

ただ、妊娠中は肌が敏感になりやすいので硫黄泉や濃い食塩泉、ラジウム泉などの刺激の強い泉質は避けたほうがいいでしょう。

人によってはお肌がかゆくなる事もあります。

お肌が敏感な方は特に気を付けた方がいいかもしれませんね。
単純泉と呼ばれる温泉が一番シンプルな泉質で安心です。

箱根などに代表される単純泉(弱アルカリ性単純泉)であれば、刺激も少なく安心して入浴することができます。
そして妊娠中は免疫力が低下しているので、循環式の温泉よりも源泉かけ流しを選ぶとよいでしょう。

衛生的に問題のない一般的な温泉であれば問題ありませんが、毎年のように温泉ではレジオネラ菌が確認されています。

ダメな成分を気にするよりこちらの方が問題です。

万一のことを考えて、かけ流しにした方がベターでしょう。

妊娠中は乳首の黒ずみ、大きくなったお腹など、他人に見られるのが恥ずかしい人もいますね。

そんなときには、貸し切り風呂や、露天付き客室などを選べばよいでしょう。

足湯なんていう手もありますよ。

温泉に浸かるときには温度と時間に気を付けましょう。

熱いお湯に長い時間浸かりすぎないこと。

のぼせますし、お腹の温めすぎにも注意が必要です。

42度以上のお湯は交感神経が刺激されて血液上昇のリスクがあります。

42度以下のお湯で一回の入浴は10分程度にするとよいでしょう。

また、貧血や脱水症状を防ぐためにも、しっかりと水分補給をしてから温泉に入ってくださいね。
転倒にも十分に気を付ける必要があります。

ま温泉成分で足元が滑りやすくなっている場所があるため、お腹が大きなこの時期は転倒にはくれぐれもご注意を。

なんだかんだと注意事項を言いましたが、
せっかく温泉に入るのですからあまり細かいことは気にせず、ゆったり浸かって疲れを癒し、リフレッシュしてくださいね。

スポンサードリンク



 

コメントを残す