スポンサードリンク

子宮筋腫があったら妊娠しにくいの?

e4e65134a36ed1c7eecb2ca11ac35f65_s
近年では、
がん検診も一般的になってきました。

特に乳がん検診、子宮がん検診は女性の健康を考える上で受けた方がいいものです。

子宮頸がん検診は20歳から2年に一度無料クーポンが送られてきますよね。

子宮がん検診をしたことで子宮筋腫が見つかることもあります。

その時、
妊娠したいと思っていたのなら、

「妊娠しにくいのかな?」

「もし手術をしたら、その後妊娠できるまでどれくらいかかるんだろう?」

「妊娠出産が先か、それとも子宮筋腫を治すのが先か?」

と悩むことと思います。

今回は、そんな悩みを解決していきますね。

スポンサードリンク



子宮筋腫はメジャーな婦人病!?

子宮筋腫は決して珍しい病気ではありません。

実は気づいていないだけで、
女性の2割3割の方がすでに子宮筋腫であるそうです。

もちろん
大小、良性・悪性と様々です。

実は私も妊娠して、
妊娠初期に微出血が多々あり、妊婦健診の際に調べてもらうと

「あ~腫瘍がありますね。」

とお医者さんに言われました。

お医者さんは
「経過を見て行って、大きくなるようでしたら考えましょう」

と、何でもないかのように言ってました。

ですから、決して不妊になるとは言い難いと思います。

また、
子宮がん検診で気づく場合もありますが、私のように妊娠してから気づく場合も結構あります。

こうゆう状態を「子宮筋腫合併妊娠」と言います。

もちろん、子宮筋腫を持ちながら妊娠するとリスクもありますが、お医者さんと相談すれば問題なく出産を迎えられると思います。

子宮筋腫になると妊娠しにくいの?

子宮筋腫が不妊の原因になるケースはあります!

子宮筋腫には種類があって、大きく分けると3つです。

「子宮外にできるもの」
「子宮内にできるもの」
「子宮の壁の中にできるもの」です。

この中で厄介なのが「子宮内にできるもの」の「粘膜下筋腫」と呼ばれるものです。

これは、
小さくても大きくても不妊の原因になることが多く、みなさんが
「妊娠しにくいのかな?」と思われる子宮筋腫のことだと思います。

妊娠したいなら手術をした方がいい?

私も妊娠してから気づいたように
子宮筋腫だからといって
決して不妊になるわけではありません。

でも、
大きさや場所などによっては不妊の原因になることもあるのは事実です。

子宮筋腫があると手術した方がよい理由

1、子宮筋腫があると子宮の中に障害物があるという状態になるため、受精卵が子宮内で着床する妨げになってしまいます。

2、妊娠すると、赤ちゃんの成長に合わせて子宮がだんだん大きくなっていきますが、子宮筋腫があると子宮が硬くなり、柔軟性を失うのでそれが初期の段階で頻繁に起きると流産するリスクは上がってしまいます。

3、不妊の原因がはっきりせず、繰り返し流産になってしまう人が子宮筋腫であった場合、それを取り除くことで妊娠出産する人が多いのも事実です。

子宮筋腫を治すのと妊娠はどちらが先か?

不妊治療を行っている人からしてみれば、少しでも妊娠しにくい原因は全て消してしまいたいと思うでしょう。

けれど、手術をして子宮筋腫を治した場合、身体にメスを入れることになる訳ですから、すぐに妊活を始めることはできません。

少なくとも半年近くは諦めた方がいいです。

元々高齢出産だった場合はそんな悠長なことを言ってはいられませんよね。

子宮の状態、年齢、様々なことで、一概に先に治した方がいいとも言えないし、妊活を優先した方がいいとも言えません。

お医者さんとよく相談し、後悔のない方を選択してください。

スポンサードリンク



 

コメントを残す