スポンサードリンク

妊娠線のかゆみは皮膚科へ行く?それとも産婦人科?

2017y12m11d_140223594

妊娠後期になると
一気にお腹が大きくなって、
妊娠線ができてしまったという人は多いものです。

妊娠線だけなら
「これも、母親になる証か…」
とプラスに考えることもできますが
困ったことに、
かゆみを伴うケースもあるんですね。

しかも、これが結構かゆい!

あまりのかゆみに、
病院へ行くことを考えている人もいるのではないでしょうか?

でも、いざ病院へ行こうと思っても
「皮膚科?産婦人科?
   どっちを受診すればいいの?」

「妊娠中だけど薬は使っていいの?

こんな心配もありますよね。

そこで今回は、
妊娠線のかゆみについてお伝えしていこうと思います。

スポンサードリンク



妊娠線のかゆみの原因は?

そもそも、
どうして妊娠線はかゆくなってしまうのでしょうか?

妊娠線は
お腹が大きくなるスピードに
皮膚がついていけず、
真皮や皮下組織の一部が裂けてしまうことによりできます。

その小さな傷のようなものが
痛みを伴うことがあり、
それが痒みの原因となります。

また、
妊娠中はホルモンバランスが乱れ、
肌が乾燥してしまうことも痒みの原因となるのです。

妊娠線のかゆみは皮膚科へ行く?それとも産婦人科?

通常であれば皮膚のかゆみは
皮膚科を受診するところですが、

妊娠中に受診するのは
皮膚科
産婦人科か、
悩んでしまいますよね。

産婦人科でも
皮膚のかゆみを抑える薬は出してもらえますが、

場合によって
「皮膚科へ行ってください」
といわれるケースもあります。

妊婦健診のついでに診てもらうなら産婦人科。

「妊婦検診まで我慢できない」
という場合は、皮膚科を受診するといいでしょう。

ステロイド薬を処方されても
胎児に殆ど影響はありませんが、
妊娠中であることは伝えてくださいね。

妊娠線のかゆみを抑えるために自宅でできること

妊娠線のかゆみは
保湿をしっかり行うことで軽減されることがあります。

妊娠中はただでさえ皮膚がデリケートな状態なのに
乾燥することで、
少しの刺激でもかゆみが出てくるのです。

保湿クリームで肌を守ってあげましょう。

汗の塩分も刺激になってしまうので、
こまめに汗を流すことも必要です。

また、肌への刺激を抑えるために
肌触りの良い下着にするのもおすすめです。

妊娠線のかゆみは自分でも予防できる

妊娠線のかゆみは、
ほとんどの場合
出産するとおさまります。

しかし、
ストレスを溜めてしまうことは、
妊婦にとっていいことではないので

あまりにもかゆみがひどい場合は
我慢せずに病院を受診しましょう。

ただ、自宅で保湿ケアをすることで
かゆみが治まることもあります。

妊娠にトラブルは付きものですが、
できるだけ心地よく妊娠生活を送って
出産にのぞみましょう。

スポンサードリンク



 

コメントを残す