スポンサードリンク

結婚式では時計を外すべき?マナーを解説!

98493258382f977972da83355fe7a9c9_s

婚式や披露宴に参列する際に
気になるファッションマナーってたくさんありますよね。

知っているようで知られていないマナーの一つが
「時計」についてです。

結婚式に、
「時計をつけてもいい?」
「それとも外すべき?」
という選択肢について
深く考えたことがない方も
多いのではないでしょうか?

そこで今回は、
結婚式における時計のマナーについて
詳しく見ていきたいと思います。

スポンサードリンク



結婚式では時計を外すべき?

「結婚式に時計をつけていくのはマナー違反」
そう耳にしたことがありませんか?

なぜそう言われているかというと、
結婚式の最中に
腕時計で時間を確認していることで

「つまらないのかな?」
「早く帰りたいのかな?」

などといった、よくない印象を
与えてしまうからなのです。

そのため、結婚式の際は
時計を外すのがマナーだとされています。

ただ、最近では
ファッションとして
時計をつけるのはOKという声もあるのです。

結婚式でつけてもよい時計って?

結婚式につけるなら
どのような時計がふさわしいのか、
男性編と女性編に分けて見ていきましょう。

男性編

男性の場合ですと、
シルバーのメタルバンドタイプ
レザーベルトタイプの時計が無難です。

レザーベルトなら黒、
文字盤は白やシルバーなど、
目立たちにくい色をおすすめします。

女性編

女性の場合ですと、
ラグジュアリーなデザインのものや
小ぶりで華奢なデザインのものなど、

文字盤を内側にしてつけた時に
まるでアクセサリーであるかのように
見えるものがおすすめです。

色味としては
シルバー・落ち着いたゴールドがいいでしょう。

結婚式でつけてはいけない時計って?

続いては、結婚式で
つけない方がいい時計についてみていきましょう。

色味や素材・色が派手なものは
目立ちすぎてしまうため、
そもそもマナー違反になります。

また、大きくて存在感のある
スポーツタイプのものもふさわしくありません。

デザイン以外の面ですと、
汚れたものや
「割れる=別れ」を連想するような
ヒビの入った時計も避けましょう。

和装の際には、時計をつけると
全体的なバランスとして
おかしくなってしまうので避けるのが無難でしょう。

また、繰り返しになりますが、
結婚式の最中に時計を確認する行為はしてはいけません。

結婚式に時計をするならデザインに気を付けて!

色味やデザイン、素材に気をつければ
結婚式に時計をつけていくのはマナー違反ではありません。

もちろん、
露骨に時間を気にしないことが前提となります。

ただ、格式の高い結婚式や
会社関係の人、年上の人が
多く出席するっような結婚式では
念のため時計ははずして行くのが無難でしょう。

スポンサードリンク



コメントを残す