スポンサードリンク

結婚式のお呼ばれに蝶ネクタイってあり?

2017y12m07d_131230332

ネクタイは、可愛らしくておしゃれなアイテムなですが、

結婚式の際に蝶ネクタイってあり何でしょうか?

今回は、そんな蝶ネクタイの
結婚式における着こなし
マナーについて見ていきたいと思います。

スポンサードリンク



結婚式に蝶ネクタイってあり?

蝶ネクタイと聞くと、
ホテルのボーイさんや
レストランのウェイターさんが
つけているものというイメージが強いかもしれません。

「一体いつつけるものなの?」

と疑問に感じる人も多いのではないでしょうか?

蝶ネクタイは本来、
夜の正礼装である燕尾服(えんびふく)や
タキシードに合わせるネクタイです。

実はとっても
フォーマルなアイテムなのです。

夜の正礼装ということなので、
燕尾服(えんびふく)や
タキシードに合わせる場合は
“18時以降の結婚式やパーティー”
着用するということになります。

このように、蝶ネクタイは本来なら
夜の結婚式につけるものであり、

午前中や昼の結婚式では
つけないものですが、
友人だけの集まりや、
くだけたパーティーの場合は
さほど問題ないでしょう。

蝶ネクタイをつける服装は、
礼服もしくはダークスーツです。

シャツは、襟が三角に折れた
ウイングカラーシャツに合わせるのが正式ですが、
普通のレギュラーカラーシャツに合わせるのもOKです。

結婚式につけてもよい蝶ネクタイとは?

結婚式の際につける蝶ネクタイに
厳密な決まりはありません。

基本的には、

  • 無地の白や黒
  • シルバー
  • 淡いカラー

などが無難で合わせやすいでしょう。

結婚式で黒はNGカラーとされており
黒ネクタイの着用は
マナー違反とされています。

ですが蝶ネクタイは
黒でもOKなのです。

ベロアやシルクなど光沢のある素材は
フォーマルな印象を与えることができるのでおすすめです。

結婚式につけてはいけない蝶ネクタイとは?

厳密な決まりはないといっても、
やはりNGな蝶ネクタイはあります。

カジュアルなデザイン派手な柄
避けた方がいいでしょう。

  • ヒョウ柄
  • ゼブラ柄、
  • 赤や青、緑などの原色
  • ラメやラインストーンでキラキラしたもの

これらの蝶ネクタイは避け、
新郎より目立ってしまうことのないものを選ぶことが基本です。

蝶ネクタイの着こなしを楽しもう!

蝶ネクタイは色々な種類があるので
着ていく場所や服装・好みに合わせて
選ぶことができるのも魅力的ですよね。

色やデザインも豊富なので、
ぜひ自分に似合う蝶ネクタイを探して
着こなしを楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク



コメントを残す