スポンサードリンク

結婚式にイヤリングは必要?マナー違反ではない?

7482dfade014dafbf6791bf7c0c0e818_s

結婚式や披露宴に参列する際のアクセサリーマナー

意外と知らないことが多くて
気になる方もいるのではないでしょうか。

今回は、結婚式につける
イヤリングについて取り上げていきたいと思います。

スポンサードリンク



結婚式にイヤリングは必要?

そもそも結婚式に
イヤリングが必要なのか、
気になる方もいるかもしれませんね。

実際のところは
イヤリングをつけても問題ありません。

しかし、イヤリングなら
どのようなものでもいいというわけにはいきません。

結婚式は様々な年齢層の方が集まる場所です。
主役の新郎新婦はもちろんのこと、
その場にいる全ての方に
不快な思いをさせないものを選ぶことが大切になってきます。

どのようなイヤリングをつけたらいいのか

イヤリングと一言で表しても、
様々なデザイン・素材・大きさのものがあります。

ここでは、
結婚式につけてもよい
イヤリングについて見ていきましょう。

パール

華やかで高級感のあるパールは
結婚式の定番アイテムです。

きっちり感を出せる上に
オシャレですし、どの世代の方にも
不快感を与えることがないのでおすすめです。

ただし、ブラックパール
不吉なイメージを連想させてしまうので避けましょう。

天然石

珊瑚(さんご)や翡翠(ひすい)・ラピスラズリなどが
色合いの面でもおすすめの種類になります。

ただし、イミテーション(偽物)は
あまりいいイメージを持たれません。

デザインの話になりますと、
揺れるデザインはOKなのですが、
あまりに長いものや
大ぶりなものはマナー違反です。

つけてはいけないイヤリングって?

続いては、
つけてはいけないイヤリングについてみていきましょう。

生花

結婚式当日、
生花は花嫁をより華やかに際立たせるものです。

花嫁より目立ってしまう可能性もあるので、避けましょう。

ファーやアニマルもの(ヘビ革やワニ革など)

ファーもアニマル革のデザインも、
殺生を連想させるため結婚式には御法度アイテムです。

ちなみに、
光り物は昼間の結婚式の場合ですと
派手すぎてしまったり、
写真撮影の際に反射してしまうため
避けなければいけません。

ただし、夜の結婚式ならば
よほど派手なものでない限り、
さほど問題はありません。

着物の際には
イヤリングはつけない方がよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

結婚式の際に

  • つけてもよいイヤリング
  • つけてはいけないイヤリング
  • 避けなければならないイヤリング

をご紹介しました。

せっかくのお祝いの席で
恥をかいてしまわないよう、
マナーを守ってファッションを楽しみましょう。

スポンサードリンク



コメントを残す