スポンサードリンク

葬式マナー!バッグを持たないのはNG?

e09925745a0eb2d8e22fd2fc8485cc90_s

お葬式の時に持つ
バッグのマナーをご存知ですか?

「バッグは持って行くべき?」
「持たない方がいいの?」
「どのようなバッグを選ぶべき?」

など、葬式におけるバッグの
さまざまな疑問を解決しましょう。

スポンサードリンク



葬式のバッグは必要?男女で違いは?

男性はお葬式の際、
バッグを持たないことが
正式のマナーとされています。

スーツのポケットに、お香典など
必要最低限の荷物は入るので、
バッグを持つ必要がないのです。

どうしても
たくさんの荷物を持たなければならない場合は、

黒のクラッチバッグを使用します。

女性の場合、男性よりも
化粧品などの持ち物が多くなるので
バッグは持つほうがいいでしょう。

女性の喪服は、男性の喪服よりも
ポケットが小さかったり
浅いことも多いので、
ポケットに物を入れようとしても
入りきらず見栄えが悪くなってしまうことも、
バッグを持つべき理由の一つとなります。

葬式で持ってもいいバッグって?

では、どのようなバッグを持つといいのでしょうか。

素材は布製色は黒がよいでしょう。

革製のバッグは、
殺生を連想させるためよくないと言わますが、
光沢の少ないものなら問題はありません。

ですが、基本的には
布製の物を持つべきだと覚えておきましょう。

弔事バッグは小さいものが多いため、
物が入らないこともあります。

近場でのお葬式の場合は
それでもなんとか事足りますが、

遠方でのお葬式や
荷物がたくさんある場合は、
少し大きめのフォーマルバッグか、
サブバッグを一緒に持つというように
使いやすいサイズの物を選ぶといいでしょう。

葬式で持ってはいけないバッグって?

レザーのように光沢のある革や
毛皮のついたバッグは
殺生を連想させてしまうため、
お葬式ではNGとされています。

エナメルなど
光を反射する素材のものや、
金具が見えるバッグも避けましょう。

  • ショルダーバッグ
  • リュックサック
  • トートバッグ

といった、カジュアルなバッグや
リボンやレースがついているバッグは
いくら黒一色であっても
葬式にはつかえません。

ビニール袋紙袋なども、NGです。

地域の風習や、家庭の考えた田によっても違いがあるので
臨機応変に合わせることも大切です。

参考にしてくださいね。

スポンサードリンク



 

コメントを残す