スポンサードリンク

新生児の子育てにあると役立つ便利グッズ5選!

d9ad462aabe75b082e7b29f293421cd9_s

ベビー用品店に足を運ぶと、
さまざまな育児グッズが並んでいます。

どれも、人気の商品で、
子育てをサポートしてくれる便利アイテムですが、

全て買いそろえるわけにはいきませんよね。

そこで今回は、
私が実際に使って便利だった育児グッズを
新生児用に厳選してまとめました。

これから出産を控えているママさんの参考になればと思います。

スポンサードリンク



新生児の子育てに用意しておきたい便利グッズ5選

それでは、
新生児の子育てにあると便利な便利グッズを紹介します!

おむつ用ごみ箱

使用済おむつのにおいって、
毎日お世話しているママは意外と気にならないこともあるけれど、

たまに来るお客さんには結構気になるポイントだったりします。

新生児のうちはそれほどにおいが気にならなくても
成長とともににおいがきつくなってくるので、
早めに対策しておいた方がいいでしょう。

防臭袋

消臭袋は、赤ちゃんとのお出かけにあると便利なアイテムです。

外出先でのおむつの処理って、意外と難しいんですよね。

「使用済おむつはお持ち帰りください」
という張り紙に、何度肩を落としたことか…

持ち帰るにしても、
ふつうのポリ袋では、においが漏れてしまうので
帰宅するまでなんだか落ち着かないんですよね。

この防臭袋は、
本当ににおい漏れがまったくないので助かります。

お出かけだけではなく、自宅で使うのもいいでしょう。

鼻水吸引器

自分で鼻をかめない新生児は、
ママがちゃんとケアしてあげないといけません。

「昔は赤ちゃんの鼻水を口で吸った」
なんて話を聞いたことはあるのですが、
いくらかわいいわが子の鼻水でも、
ちょっとためらってしまうのではないでしょうか?

鼻水吸引器があれば、
赤ちゃんの鼻水を簡単に吸い取れるし、
赤ちゃんにとっても衛生的です。

私が使ったタイプは
粘り気のある鼻水だと吸い取りにくかったのですが、
それでもかなり役にたちました。

授乳ケープ

外出先での授乳に欠かせないのが授乳ケープです。

いかにも「授乳ケープ」というタイプより
ショールやポンチョタイプのほうが、
荷物にもならないし使いやすいと
思います。

マザーズバッグ

赤ちゃんが生まれると、
持ち運ばなくてはいけない荷物が多くなってしまいます。

とくに新生児のうちは、
おむつ交換の頻度も多いし
ミルクを吐き戻して服を汚すこともあるし、
室内外の温度変化に合わせるためにブランケットも必要…
と、かなりの荷物を持ち運ぶことになります。

たっぷり荷物の入るマザーズバッグは、
赤ちゃんとお出かけするのに必需品です。

使わなかった便利グッズは?

使い方によっては便利だけど、
私が実際に購入して使わなかたアイテムも紹介しますね。

クーファン

クーファンは、使用時期が短いというのもわかっていたのですが、
赤ちゃんをこれに寝かせるのが私のあこがれだったので購入しました。

クーファンにも色々な種類があるので、
実用性を考えれば使える商品もたくさんあると思いますが、
私は完全に見た目重視で選んだので、使い勝手はちょっと悪かったです…。

寝かせた状態ではおむつ替えもできず、
サイズも小さいので、本当に新生児期しか使えませんでした。

ただ赤ちゃんを寝かせた時の、あのかわいさだけでも
元をとれたかなという気持ちですが…。(親ばか)

おしりふきウォーマー

寒い季節は、
おむつ交換の時に使うおしりふきの冷たさが気になるのではないでしょうか?

寝ている赤ちゃんが、おしりふきの冷たさで起きてしまうこともあるでしょう。

そんなときに役立つのがおしりウォーマーです。

コンセント式や電池式など種類があります。
ただコンセント式だと、おむつ替えの場所が限られるので
「ちょっと不便かな」という感じです。

新生児用の服

出産前にベビー用品店へ行くと、
ついつい買いすぎてしまうのが赤ちゃんの服です。

でも、新生児用の服は、すぐに小さくなって着られなくなります。

新生児期は、出かけることもあまりないので
意外と服の量は必要ないんですよね…

出産祝いで赤ちゃんの服をもらうこともあったりして、
「結局1回も着ないうちに小さくなってしまった」
なんてこともあるので、
買いすぎには注意が必要です。

新生児の便利グッズは環境によって必要なものを選ぼう

便利グッズとは言っても「すごく役立った」という人がいれば「使わなかった」という人もいて、
生活環境によって感じ方もさまざまです。

自分の子育て環境に合ったアイテムを選んで育児に活用しましょう。

スポンサードリンク



 

コメントを残す