スポンサードリンク

女の子希望!病院での産み分けにかかる費用はいくら?

2017y06m08d_023511350

子供を産むのであれば
「元気に生まれてきてくれればそれでいい」

と思いますが、
「できれば女の子がいいなぁ」
「次は男の子が欲しい!」

そう考えることだってありますよね!

様々な産み分け方法がある中、
産み分けに積極的な
産婦人科があるのをご存知でしょうか?

そこで今回は、病院で産み分けする場合の
産み分け相談の内容や費用について紹介していきたいと思います♪

スポンサードリンク



女の子が欲しい!病院での産み分けにかかる費用は?

それでは早速、
病院で産み分けを行う場合の
費用について見ていきましょう。

病院で産み分けを行う場合は
産み分け相談の内容によって金額も違って
費用も数千円から数万円まで様々です。

例えば、排卵の日を予想して
その2日前にピンクゼリーを使って
タイミングを取る方法であれば
排卵日の特定のために
数回エコーや血液検査へ通う費用として
保険診療外で数千円とゼリーが1万円ほどするようです。

パーコール法という産み分け方法で
唯一、女の子の産み分けに効果があるという
人工授精の方法を実施している病院もあるようです。

この方法は以前禁止をされていましたが
産み分けに医学的根拠はないと判断され
実施可能になった方法です。

あらかじめ採取しておいた精子を
パーコール液という
ショ糖の一種と遠心分離にかけ
比重の重い精子は底へ、
軽いものや死んでしまった精子は上の方へ分離します。

X染色体(女の子になる精子)は
比重が重いとされていますので、
底にある精子のみを使って人工授精を行いま
す。

病院によりますが、
精子をパーコール処理して
人工授精を行うには
2万円から6万円程度の費用がかかるようです。

確実に着床前診断をして
女の子を産み分けたい場合は
着床前診断での産み分けの規制のない国へ渡航して
体外受精を行います。

採卵数が足りない場合は
2回以上の体外受精を繰り返すことになります。

そして着床前診断をして
希望の性別の受精卵移植を
妊娠が成立するまで行うとなると

推定ではありますが
医療費と渡航費や滞在費などを含めると
最低でも500万円以上の費用が必要と考えられます。

私が通っていた産婦人科では
パーコール法での産み分けの費用は5万円でした。

最初は
「高いなー、5万円あれば
入院する部屋のランクアップしたいなー」

と思いましたが、
「パーコール法の
    女児産み分け成功確率は8割」
と自信満々に担当の先生がおっしゃったので

思い切って試みたらなんと妊娠!

絶対に女の子だと勝手に思い込み、
生まれるまで性別を聞かなかったのですが、
生まれてきたのは元気な男の子でした(笑)

病院で産み分けを行うのであれば
その費用は決して安いものではありませんので
よく検討してから決めるようにしましょう。

参考になれば幸いです^^

スポンサードリンク



コメントを残す