スポンサードリンク

【粉ミルクの作り置き】常温なら何時間大丈夫?冷蔵なら?

a72e6a686835f05ae3bbf15658425ebd_s

赤ちゃんのミルクを飲む姿はかわいいですが、毎日何回ものミルク作りは正直大変ですよね。

夜中眠たい中や、外出先でのミルク作り「ミルクを作り置きできたらいいのになぁ…」と思ったことがあるママも少ないと思います。

じつは、保存方法や時間を守れば作り置きは可能です。

そんな悩みを解消すべく、ミルクの作り置きについてのポイントを紹介します。

スポンサードリンク


そもそも粉ミルクを作り置きっていいの?

粉ミルクの作り置きは、清潔に作り保存方法や時間を守れる場合は可能と言われています。

しかし、基本的には粉ミルクの作り置きはおすすめできません。

おすすめできない理由についてはいくつかあります。

雑菌が繁殖する

粉ミルクは、非常に雑菌が繁殖しやすいです。

そのためWHO(世界保健機関)は、
「室温なら2時間」
「冷蔵(5℃以下)なら24時間」
の保存を認めていますが、それを過ぎた場合はすみやかにミルクを破棄するように推奨しています。

粉ミルクの作り置きは長持ちしないため、作っても飲ませる予定がない場合や赤ちゃんが寝てしまった場合、結局無駄になってしまいます。

温めなおすのが大変

作り置きしても常温では2時間しかもたないため、基本的に冷蔵保存するママが多いかと思います。

しかし、冷蔵保存をした場合赤ちゃんが飲みやすいように再度40℃まで温めなければいけません。

じつは、その温めなおす方法にもポイントがあるので把握しておいて下さい。

電子レンジや鍋などで直接温めると、急激に粉ミルクが温められ大事な栄養素が壊れてしまいます。

そのため湯煎で温めるのが良いと言われていますが、結局はミルクを与えるまでに時間がかかってしまうというわけです。

一度口をつけたらNG

外出先などで作り置きをしたミルクを飲ませた場合、赤ちゃんが全部飲まないことも考えられます。

しかし、作り置きしたミルクの飲みかけ、を再度赤ちゃんに飲ませることは危険です。

結局あまり飲まなかった場合は、無駄にすることになるのでもったいないですよね。

調乳してから何時間なら大丈夫?

季節にもよりますが、基本的には常温保存では2時間以内とされています。

ただし、あくまでもWHO(世界保健機関)の基準にあたって清潔操作で調乳していることが前提です。

5℃以下の冷蔵保存は24時間以内とされています。

保温カバーなどを利用して保温する場合でも、常温と同様2時間以内とされています。

また一度口をつけたミルクは、再度保温しても飲ませるのは危険ですので、飲ませないようにしましょう。

作り置きするときの注意点は?

作り置きするときの注意点は、調乳する際必ず衛生面に配慮して行うことです。

生まれたばかりの赤ちゃんの免疫力は、なんと大人の約半分しかないと言われています。

哺乳瓶のちょっとの洗い残しや、調乳前の手洗いを怠ると、みるみるうちに赤ちゃんのミルクは菌だらけに。

赤ちゃんを守るためにも、衛生的にミルク作りを行いましょう。

あとは、保存方法と時間を厳守してください。

冷蔵庫に保存しても、そのミルクをいつ作ったのかどのぐらい時間が経ったのかわからなくなることもあると思います。

作り置きする場合は、作った時間などを付箋に書いて哺乳瓶につけておくとわかりやすくていいですね。

温め直しにも注意が必要

いざ作り置きしておいたミルクでも、飲ませるとなると再度40℃程度まで温めなければなりません。

温めなおす手間をはぶこうと、電子レンジで温めなおすのは絶対にやめてください。

急激に温めると大事な栄養素が破壊されてしまうだけでなく、哺乳瓶のミルクが均一に温められないため危険です。

そのため湯煎で15分程度温めなおすのが一番良いとされていますが、結局は新たに調乳する手間とさほど変わらないですよね。

湯煎で温めなおしたミルクは、赤ちゃんに飲ませる前に一度ママの手で温度の確認をしましょう。

飲み残しの場合は?

一度口赤ちゃんが口をつけると、赤ちゃんの唾液に含まれる雑菌がミルクに混入してしまいます。

そのため、飲み残したミルクはもったいないと思いがちですがすみやかに破棄しましょう。

ミルクに混入した菌は20分程度で急激に繁殖すると言われています。

そのため、飲み残しのミルクを冷蔵庫などで保存すると更なる菌の増殖につながるので危険です。

粉ミルクの調乳を楽にするポイント

ミルクの作り置きはあまり良くないって言われてるし…じゃあどおしたらいいの?というママに必見です。

粉ミルクの調乳を楽にする方法は他にもいくつかあります。

赤ちゃんの衛生面を守るためにも他の方法もぜひ参考にしてみてください。

ウォーターサーバーを利用する

免疫力が弱い赤ちゃんにとって、清潔なウォーターサーバーの水は非常に安全性が高いです。

ウォーターサーバの水は、殺菌された天然水や、微生物を一切取り除いたRO水を取り扱っている会社が多いと言われています。

ウォーターサーバーの利点として、清潔な水とお湯をどちらもすぐに使えることです。

だいたいは40℃くらいのお湯が出ますが、熱い場合はすぐに水で調整できるので便利ですね。

お湯を沸かす手間もはぶけますし、急なお出かけの際もすぐにお湯の準備ができるのでオススメです。

分量の粉ミルクを取り分けておく

毎回調乳するたびにミルクを取り分けるのは大変です。

なので、前もってミルカーなどに分量のミルクを取り分けておくと作るときの手間がはぶけます。

ミルカーは外出先にも持ち運びができるので便利です。

また、粉ミルクはキューブタイプやスティックタイプの物も薬局で販売されています。

急な外出などでもミルクを取り分ける手間がはぶけますし、ミルカーと比べると荷物の幅も取りません。

使用後は捨てれるので洗い物が出ないのもいいですね。

また、もし外出先でうっかりミルクを忘れてしまっても簡単に薬局で購入できます。

外出先で粉ミルクの調乳をするには?

外出先での調乳は、車の中だったりと大変ですよね。

必要なものは、以下のとおりです。
・消毒済みの哺乳瓶
・粉ミルク
・お湯
→冷めるのを考慮した上で熱めの70℃が オススメです。
・湯冷まし用おの水
・保温カバー

衛生面を考えると手拭きタオルか除菌シートがあると更に良い思います。

作り方は、

1.消毒済みの哺乳瓶にミルクを入れ、出来上がり量の3分の2程度までお湯を入れます。

2.お湯を入れたら乳首とフードを取り付けて混ぜ合わせます。
(この時振りすぎると泡が出ます)

3.ミルクが混ぜおわったら、湯冷まし用のお水を定量まで入れて完成です。

お水が荷物になるというママは購入しても良いですが、外出の度に毎回購入していると出費にひびくことも。

お湯でミルクを溶かしある程度冷めるまで待つのも良いと思いますが、赤ちゃんにとっては苦痛になりますし、時間がかかります。

外出先があらかじめ決まっている場合などは、お湯やお水が置いてあるか確認するのも良いでしょう。

まとめ

毎日の調乳、授乳は大変なものです。

ポイントを押さえて作り置きの方法を上手に活用し、育児を楽しんで下さいね。

スポンサードリンク



コメントを残す