スポンサードリンク

赤ちゃんが粉ミルクを飲まない!原因と対策は?

はじめての育児は、慣れないことがたくさんありますよね。

泣いてる理由がわからなかったり、なかなか寝てくれなかったり…

そんな育児の中で、とくに頭を抱えるのが、「ミルクを飲んでくれないとき」というママが多いようです。

そこで今回は、赤ちゃんがミルクを飲まない原因と対策についてまとめました!

スポンサードリンク



赤ちゃんが粉ミルクを飲まない原因と対策

赤ちゃんが粉ミルクを飲まない原因にはさまざまなケースが考えられます。
それぞれのケースで、適切な対策をとることで解決できるでしょう。

哺乳瓶の乳首が合わない

哺乳瓶の乳首は、形や硬さが違うため、それによってミルクの出方も変わります。

乳首哺乳瓶との相性が悪いと、ミルクを飲むことを不快に感じて、飲まなくなることもあるのです。

乳首が合わないと、

  • 空気を飲み込む量が多くなりお腹が苦しくなる
  • ミルクの出が悪いので、赤ちゃんが疲れて吸うのをやめてしまう。
  • ミルクの出が良すぎるために、口から溢れて飲みづらい

このように、ミルクを飲まなくなるケースもあるでしょう。

対策としては、哺乳瓶の乳首を変えることです。

赤ちゃんの月齢にあった乳首を選ぶことはもちろん、乳首の素材によっても飲みやすさは違います。
赤ちゃんが飲みやすい乳首を探してみましょう。

ミルクの味が合わない

大人でも、好きな味・嫌いな味があるように、赤ちゃんに好みの味があります。

たくさんのミルクが販売されていますが、どのメーカーも、母乳に近い味で作られています。

しかし赤ちゃんは、その微妙な味の違いで、粉ミルクを飲まないことがあるのです。

対策として、他のメーカーのミルクを試すことをオススメします。

一缶買うのはもったいないので、サンプルから試してみるとよいでしょう。

ミルクの温度が合わない

「ミルクは人肌に温める」と言われますよね。

人肌といっても個人差があり、正確に測るのは正直難しいものです。

そこでオススメなのが、ミルクのみごろチェッカーです。(商品の詳細は後述)

作る人が違っても、ある程度同じ温度のミルクを作ることができます。

環境が合わない

慣れない育児では、どうしてもママ中心になってしまうことがありますよね。

ママの都合でミルクをあげると、赤ちゃんは敏感に察知して、飲まないことがあります。

ミルクを飲むときの抱っこの仕方や、部屋が暑い・寒いなど、環境の変化にとても敏感です。

授乳のときは、赤ちゃんがリラックスできる環境を整えましょう。

抱き方が原因で飲まない場合は、クッションなどを使って、ポジショニングするといいですよ♪

赤ちゃんの様子を見ながら、環境を整えてきましょう。

赤ちゃんの授乳にあると便利なグッズ

毎日大変な授乳ですが、授乳のときにあると便利なグッズが多く販売されています。

赤ちゃんもママも、リラックスして授乳ができるように、便利グッズに頼ってみてはいかがでしょうか?

ここでは、授乳に便利なオススメグッズを紹介します。

授乳クッション

ママの授乳の姿勢が楽になり、赤ちゃんもミルクを飲みやすい体制をキープできる授乳クッションです。

しっかりとした弾力のあるクッションで、ママと赤ちゃんの授乳タイムを快適にしてくれますよ。

ピジョン母乳実感哺乳びん

赤ちゃんが、母乳を飲むときの口の動きを研究して作られた、母乳実感乳首つきの哺乳瓶です。

母乳を飲むときと似たような感覚で飲めるので、母乳との併用がしやすいでしょう。

哺乳瓶は丸みがあり、赤ちゃんの手にもフィットしやすい形になっています。

プラスチック製なので、軽くて持ち運びにも便利!外出にもオススメです。

ミルクのみごろチェッカー

お湯を入れた哺乳瓶に、シールを貼るだけで「溶かしごろ」と「飲みごろ」が一目でわかります。

育児に慣れない、はじめてのママやパパにオススメのアイテムです。

はじめは、ミルクを作るののにも手間がかかるものです。
そんなときは、ミルクのみごろチェッカーを使ってみるとよいでしょう。

調乳じょ~ず

粉ミルクは、殺菌のために70℃以上のお湯でミルクを作るよう指導されています。

調乳じょ~ずは、沸騰したお湯を入れておくだけで、調乳に適した70℃以上温度をキープします。

また、電子レンジでお湯が沸かせるので、忙しいママの粉ミルク調乳の手間を楽にしてくれるでしょう。

外気温の影響を受けにくい構造で、約2時間くらい70℃をキープします。
真夜中のミルク作りにあると嬉しいアイテムですね♪

調乳用 保温スタンドボトルウォーマー

ミルク作りに必要なお湯を、哺乳瓶ごと約50℃の適温で保温する、スタンドボトルウォーマーです。

哺乳瓶のままセットできるため、夜中の授乳に役立ちます。

哺乳瓶は、ガラス製・プラスチック製のどちらも対応。
場所をとらないスリムな作りも魅力の一つです。

調乳だけでなく、離乳食に便利なヨーグルト作りにも使えます。

明治 ほほえみ らくらくキューブ

計量いらず、個包装で保管がしやすいミルクキューブです。

未開封だと長期保存できるので、非常用に常備しておくのもいいでしょう。

忙しいとき・お出かけのとき・夜中の授乳など様々なシーンで活躍します。

アラキドン酸・DHAが母乳と同成分まで配合された栄養素も魅力のひとつ。

マグボール

赤ちゃんの小さな手でも握りやすい、便利な哺乳瓶ホルダーです。

ネット状の構造で、赤ちゃんがどこを持ってもしっかりと掴めるようになっています。

軽くて小さくつぶせるので、持ち運びにオススメです。

やわらかく、すべりにくいシリコン性なので、ファーストボールとして遊ぶこともできます。

また、やわらかい素材でできているので、万が一赤ちゃんが顔に落としても痛くありません。

フィーディングスプーン

赤ちゃんの口の発育と、ママの使いやすさを考えて作られた、フィーディングスプーンです。

どうしても哺乳瓶でミルクを飲まない場合に試してみましょう。

哺乳瓶で飲まない赤ちゃんも、スプーンであげると飲む場合があります。

赤ちゃんの成長に応じて、使い分けができるスプーンなので、離乳食にも最適ですね。

シリコンタイプなので、赤ちゃんへの口当たりもよく、お手入れもしやすいのがポイントです。

調乳用ステンレスボトル0.5L

ステンレス製魔法瓶構造のため、高い保温力で、ミルク作りに便利な水筒です。

60〜70℃を、約6時間保温することができます。

結露せず、漏れにくいので、外出先の調乳に役立つでしょう。

また、軽いため持ち運びに便利です。

ワンタッチで蓋が開くので、夜中の調乳にも重宝しそうですね。

粉ミルクを飲まない原因はさまざま

赤ちゃんが粉ミルクを飲まないときには、いろいろな原因が考えられます。
ここで紹介した対処法や便利アイテムを使って、工夫しながら授乳すると、ミルクを飲むようになることもあります。

あまりにもミルクを飲まず、体重が減ったり機嫌が悪いときが続くようであれば、医療機関の受診をオススメします。

スポンサードリンク



コメントを残す