スポンサードリンク

粉ミルクを使った離乳食レシピ9選!あまったミルクは冷凍保存できる?

2018y10m21d_074907162

外出時や母乳の足しに、必要だと思い購入した粉ミルクが、使い切れずに困っているママも多いはず。
捨てるのはもったいないし、他に使い道がないかと悩んでいませんか。

粉ミルクは、離乳食の材料として簡単に有効活用できます。

ここでは、冷凍方法や粉ミルクを使った初期・中期・後期の、簡単離乳食レシピを紹介しています。

スポンサードリンク



調乳した粉ミルクは冷凍可能?

調乳した粉ミルクが冷凍できるとママも楽チンですが、基本的にはオススメできません。

冷凍することによって、味が落ちてしまい食いつきが悪くなってしまうことも。

また、菌などが繁殖してしまう可能性もあるので、衛生面も不安があります。

粉ミルクを加える前まで、調理して冷凍しておけば、あとは調乳した粉ミルクを加えるだけですので、これだけでも時短になります。

 

粉ミルクを使ったオススメレシピ9選

毎回、離乳食のメニューがワンパターンで困っているママへ、オススメのメニューを紹介していきます。

ほんのちょっとの工夫で、色々なメニューへと広がっていき、バリエーションが増えて離乳食作りが楽しくなることでしょう。

工夫ポイントも記載してありますので、参考にしてくださいね。

 

粉ミルクを使った離乳食レシピ1:ミルクパン粥(初期)


参考https://cookpad.com

コツを掴めば、お粥より簡単に作ることができます。

パン粥に野菜を混ぜれば、野菜が苦手なお子さんでも、パンと粉ミルクのほんのりとした甘さで食欲がわきます。

<材料>
・調乳した粉ミルク 200cc
・食パン 1枚

<手順>
1.粉ミルクを200cc調乳する。
2.食パンは耳を切り取り、手で細かくちぎる。
3.小さな鍋に、粉ミルクとパンを入れ、弱火で煮て完成。

 

粉ミルクを使った離乳食レシピ2:さつまいものきなこミルク(初期)


参考https://cookpad.com

主食にも、おやつにもなる1品です。

時間がない時でも、手軽に作ることができ、すぐにできたてをあげられます。じゃがいもやかぼちゃでも美味しく作れますよ。

<材料>
・さつまいも 小1個
・きなこ 小さじ1
・調乳した粉ミルク 20cc

<手順>
1.さつまいもは、皮をむいて輪切りにし鍋で茹でる。
2.茹で上がったら、ブレンダーやすり鉢でペースト状に。
3.調乳したミルクと、きなこを混ぜ合わせて完成。

 

粉ミルクを使った離乳食レシピ3:いちごミルク(初期)


参考https://cookpad.com

とろみをつけてあるので、のど越しがよく、とても食べやすいです。

バナナなどお子さんの好きな果物に変えてもいいですし、葉物野菜などもこしていれるとスムージー風になり、栄養満点!

<材料>
・いちご 1粒
・調乳した粉ミルク 大さじ1
・とろみの素 適量

<手順>
1.いちごはヘタをとり、洗って裏ごしする。
2.調乳した粉ミルクを混ぜ合わせる。
3.とろみの素を加える。
(ない場合は水溶き片栗粉をいれて、軽くレンジで加熱する)

 

粉ミルクを使った離乳食レシピ4:粉ミルクの白身魚シチュー(中期)


参考https://cookpad.com

離乳食中期になると、歯茎でつぶして食べれるくらいの固形物も可能になります。
(ただし、小さく切って柔らかく煮るのがポイントです。)

白身魚だけでなく他の魚、または細かくした鳥のささみなどもオススメですよ。

野菜ミックスは作り置きで冷凍しておくと便利です。

<材料>
・白身魚 5g
・野菜ミックス 15g
・ほうれん草のピューレ 15g
・野菜スープ 大さじ1
・粉ミルク 小さじ2
・水 小さじ2

<手順>
1.白身魚をゆでる。
2.鍋にゆでた白身魚・野菜ミックス・ほうれん草ピューレ・野菜スープをいれ沸騰させる。
3.最後に水と粉ミルクを入れてひと煮立ちさせる。

 

粉ミルクを使った離乳食レシピ5:手づかみ野菜蒸しパン(中期)


参考https://cookpad.com

手に持ち食べることに興味をもった時にオススメ。
野菜もたっぷり入っているので、栄養バランスもよく、これ一品で満足してくれるでしょう。

手に持ちやすいようにスティック状にするのがポイントです♪

<材料>
・ホットケーキミックス 150g
・調乳した粉ミルク 200cc
・野菜(お好みで何でも)

<手順>
1.粉ミルクを調乳しておく。
2.野菜は食べやすい大きさに切り、柔らかく煮る。
3.ボールに材料すべて入れて、よく混ぜる。
4.フライパンで油をひかずに焼きあげる。

 

粉ミルクを使った離乳食レシピ6:たまごプリン(中期)


参考https://cookpad.com

子どもが大好きなプリンを粉ミルクとたまごで簡単につくることができます。
容器は、市販の離乳食で使われているビンを再利用するといいですよ。

プリンの中に茹でたかぼちゃやさつまいもを入れても美味しく食べられます。

<材料>
・たまごの黄身 1個
・調乳した粉ミルク 50cc

<手順>
1.卵の卵黄だけを取り分けておく。
2.粉ミルク50ccをtっよう乳しておく。
3.卵黄と粉ミルクをよく混ぜ合わせ容器にうつす。
4.鍋に容器の3分の2ほどの水をいれ、沸騰させる。
5.そこに容器をいれ蓋をして8分ほど蒸す。
6.粗熱をとったら、冷蔵庫で冷やして完成。

 

粉ミルクを使った離乳食レシピ7:野菜のキッシュ(後期)


参考https://cookpad.com

離乳食後期になると、自分で食べたがる場面も増えてきます。
スプーンで軽くつぶせるくらいの硬さに茹でてあげましょう。

混ぜ合わせて、オーブンで焼くだけの簡単レシピです。

食材や、味付けも自分の好みで変えても美味しいので、バリエーションが増えますよ。

<材料>
・調乳した粉ミルク 60cc(A)
・たまご 2個(A)
・豆腐 50g(A)
・小麦粉 大さじ1
・片栗粉 大さじ1
・じゃがいも 中1個
・ブロッコリー 2かけ
・シーチキン 1缶
・青のり 適量(B)
・粉チーズ 適量(B)
・鰹節 適量(B)
・ごま 適量(B)

<手順>
1.じゃがいもは、小さくサイコロ状に切り、レンジで柔らかくしておく(600w 3分)
2.ブロッコリーもラップに包み、レンジで20秒ほど温めて、細かく刻む。
3.シーチキンも細かくほぐす。
4.具材を1つのボールにすべていれ、そこに小麦粉と片栗粉を混ぜいれる。
5.(A)の材料をいれて、よく混ぜる。
6.(B)をお好みの組み合わせていれる。
7.シリコンカップに流しいれて、220度のオーブンで25分ほど温める。
8.竹串でさして中身がつかないようなら完成。

 

粉ミルクを使った離乳食レシピ9:フレンチトースト(後期)


参考https://cookpad.com

朝ごはんやおやつの時にオススメです。

子どもが食べやすいように一口サイズにすると、自分でモグモグと食べてくれます。

ポイントは焦げないように弱火で焼き上げることろです。

<材料>
・食パン 2枚
・水 大さじ6
・粉ミルク 90cc分
・たまごMサイズ 1個
・砂糖(お好み) 小さじ1弱

<手順>
1.ボールに水を半量いれ、レンジで30秒程度温める。
2.粉ミルクと砂糖を溶かしいれ、残りの水を加える。
3.そこに、たまごをいれよく混ぜる。
4.一口サイズに切った食パンを浸す。
5.バター又はサラダ油をフライパンに敷き、弱火でじっくり焼きあげて完成。

 

粉ミルクを使った離乳食レシピ9:桃ミルクゼリー(後期)


参考https://cookpad.com

混ぜ合わせるだけで、簡単で美味しいデザートが完成。

その時の季節によって、中のフルーツを変えて作ると、レシピのバリエーションが増えますよ。

<材料>
1.調乳した粉ミルク 200cc
2.桃 2分の1個
3.ゼラチン 5g

<手順>
1.粉ミルクを作り、冷ましておく。
2.桃は一口サイズにカット。
3.ゼラチンは50ccのお湯で溶かしておく。
4.全部混ぜ合わせて、容器にうつし、冷蔵庫で冷やして完成。

 

粉ミルクは冷凍保存を利用して離乳食に活用!

粉ミルクは、飲むこと以外に工夫次第で、さまざまな料理へと変身します。

また、栄養がたくさん含まれているのも嬉しいですね。

離乳食作りで頭を悩ませているママも、無理をせずに時短で簡単に作れるものを参考にして、今だけの幸せな大変さを味わってください。

スポンサードリンク



コメントを残す