スポンサードリンク

妊娠の症状あるのに検査薬では陰性?妊娠の可能性は?



生理予定日を過ぎても生理が来なかったり、
つわりのような症状があり

「妊娠したかも?」
とわくわくしながら妊娠検査薬を使ってみると
陰性だったことはありませんか?

「妊娠の症状があるのに陰性」

こんなことってあるのでしょうか?

妊娠検査薬で陰性でも妊娠している可能性はあるのか
ここではいろいろなケースをご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク



妊娠検査薬はいつから使える?

妊娠検査薬は一般的に
生理予定日の約一週間後から判定可能とされています。

尿に含まれる
hCGホルモンに反応して結果が出るのですが
このホルモンは受精卵が着床して数日後から分泌されます。

hCGホルモンが増えるのが
生理予定日の約一週間後のため、
それ以降が判定可能な期間となります。

妊娠特有の症状は
生理予定日前から出るものもあるので、
期間にズレがあります。

妊娠していたとしても
妊娠検査薬を使用する時期が早すぎると
妊娠の症状があっても
ホルモンの分泌がまだ少なくて
陰性の結果が出てしまうかもしれません。

関連記事
⇒妊娠検査薬の正しい使い方!いつの尿で調べたらいい?

妊娠検査薬の正確性

手軽に使用できる妊娠検査薬ですが
その正確性は99%と言われています。

正しい結果を得るためにも使用期間を守りましょう。

私は使用した際に
尿を少量しかかけられず
反応が出るか不安だったのですが
しっかり陽性の反応が出たので
検査薬の正確性はすごいと思いました。

関連記事
⇒妊娠検査薬でうっすら陽性!でも出血が…妊娠の可能性はある?

妊娠しているのに陰性が出てしまうのはどんなとき?

妊娠しているのに
妊娠検査薬で陰性が出てしまう場合、
どんなケースが考えられるのでしょうか?

①子宮外妊娠をしているとき

通常は子宮外妊娠でも陽性反応は出るのですが
正常な妊娠と比べて、
hCGホルモンの増加が少ないため
反応が出にくく陰性になってしまうことがあります。

②生理不順のため

妊娠検査薬は生理予定日を元にしているため
生理不順である場合は
正しい期間で使用できていないことがあります。

③多胎児のとき

多胎児妊娠をした場合、
hCGホルモンの濃度が高過ぎて
陰性反応が出てしまうことがあるようです。

④検査の時期が遅すぎたとき

妊娠検査薬の使用があまりにも遅すぎた場合も
hCGホルモンの濃度が高くなってしまうため
陰性反応が出てしまうことがあります。

関連記事
⇒妊娠検査薬で妊娠を判定できるのはいつからいつまで?

⑤尿の濃度が薄いとき

水分を取り過ぎた後など、尿の濃度が薄いときに使用すると、hCGホルモンも濃度が薄くなってしまうため、陰性反応が出てしまうことがあります。

このような理由から、
妊娠していても陰性が出てしまうことがあります。

妊娠検査薬は使用方法を守って使う

「妊娠の症状があるのに陰性だった」
という場合の様々なケースを紹介しました。

いかがでしたか ?

妊活中の場合はちょっとした体調の変化や症状に敏感になるものですが

妊娠検査薬で陰性だったとしても落ち込まずに、
数日あけてからもう一度検査したり
産婦人科を受診してみましょう。

関連記事
⇒妊婦の浮腫みにカリウムサプリはあり?



 

 

コメントを残す