スポンサードリンク

入学式の着物!常識やマナーをまとめてみた!


子供の晴れ舞台である、小学校の入学式。

服装をどうしようか迷っているお母さんは多いのではないでしょうか?

スーツやワンピースなど色々ありますが
普段なかなか着る機会の少ない
着物を着て出席したいと考えている人もいる事でしょう。

普段から着物に慣れていない場合、
着物でで出席したいと思っても
マナーや常識的なことも気になりますよね。

ここでは子供の入学式に着ていく
着物の選び方のポイントや常識、マナーについて紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク


入学式に着ていく着物を選ぶポイントとは?

小学校の入学式だと、
圧倒的にスーツやワンピースで出席されるお母さんが多いようです。

子供の準備にも時間がかかりますから
自分の着付けやらを準備している時間がなかなかとれないというのが理由の一つとしてあります。

しかし、
着物というのは日本の美しい文化の一つですから、
ご家族に協力してもらって着付けの時間をとり思い切って着物で出席してみましょう!

入学式に着物を着ているお母さんがいると会場も華やかになりますし
全体的に良い意味で引き締まります。

入学式に着物を着ていくと決めたら
どんな着物を着ていけばいいのかも悩ましいところですが

まずは着物の選び方について見ていきましょう。

入学式はあくまで子供が主役なので
派手すぎる格好で子供より目立ってしまうことのないように注意しましょう。

20~30代であれば、
柄を抑えた付け下げや訪問着が良いです。

40代以降であれば、
黒の紋付羽織や絵羽羽織など、柄の落ち着いた着物が素敵ですね。

入学式の着物の色選びについて

さて、次に着物の色選びですが
これも重要です。

入学式は春の季節ですから、
淡い桜色や、薄い緑色などが好印象です。

淡い色合いだと、
春という季節にも合っていますし、優しい印象を持たせることができます。

真っ赤な原色や派手な柄は、
常識的にも好ましくありませんから、入学式という場では遠慮しましょう。

着物を紋入りにするかどうかですが
一般的には一つ紋が好ましいです。

しかし、
スーツやワンピースで出席する方が多いことから、無紋でも特に問題はありません。

帯は、着物と逆の印象のものを選ぶといいでしょう。

着物が無地であれば柄物を、
控えめの色ならば鮮やかな帯を、
単色ならば多彩な帯を選ぶとよく映えます。

「よくわからない」
という場合は着付けをしてもらう
美容院などで相談してみましょう。

着物着用が少数派であることを気にする方もいますが、
見る側としては華やかで素敵です。

ただ、着物を着ていると良くも悪くも目立つので
所作、振る舞いにはいつも以上に気を使いましょう。

猫背で立っていたり、大股で歩いていたりして
せっかくの着物が台無しになることのないように…。

そうは言っても、
皆さんご自分のお子さんをメインで見ていますから、
必要以上に気にしなくても大丈夫です♪。

着物を着ていくことで
お子さんと一緒に映る写真にも、良い思い出として残ることでしょう。

常識をおさえて、美しい着物文化を楽しんでくださいね^^

スポンサードリンク


 

コメントを残す