スポンサードリンク

入学の内祝いはいつ渡すべき?お返しの相場は?


入学シーズン、
親戚や友人などからお祝いをもらうこともあるかと思いますが
お祝いをもらってまず悩むのが内祝いですよね。

入学祝いにお返しはいらないって聞いたことありませんか?

本来お祝いをもらった子供は
まだ自分でお返しすることができないから、内祝いは必要ないんです。

でも、日本人としてお返ししないでいるのってなんだか微妙ですよね。

それでは、
お返しをするとしたらいつするのが無難なのでしょうか。

相場も気になりますよね?

今回は入学内祝いのマナーについてみていきたいと思います。

スポンサードリンク


入学内祝いの相場って?

入学祝いを貰うのは、
あくまでお子さんなのでまず、
お祝いをいただいた時点でお子さんからお礼を言うように促します。

これから小学校にあがる子供の
成長への第一歩にもなりますから、しっかりと礼儀を教えてあげましょう。

お祝いが郵送されてきた時は、
ご両親が届いた旨を電話で報告し、その時お子さんを電話口に立たせてあげましょう。

遠方の方だと、
電話でお子さんの声が聞けるので喜ばれますよ。

さて、お返しについてですが
基本的に内祝いは、
言ったいただいた金額の
半額から三分の一程度が相場となっています。

ご両親や祖父母といったご年配であれば、それぞれが好むお菓子なども喜ばれます。

ご友人であれば、
紅茶や洋菓子もおすすめです。

食器などは好みもありますし
そのまま使用されずお蔵入りということもしばしばあります。

これでは貰った方もしのびないですよね。

相手の好みがわからないという場合は
ギフトカード商品券、カタログギフトなどを内祝いとしてお返しするのもいいでしょう。

入学の内祝いはいつ渡す?

それでは、
入学のお祝いをいただいた場合に
一体いつ内祝いをお返しすれば良いのでしょうか。

親しい方だと
いつでもいいと言われることもありますが、あまりに日数がすぎると間延びしてしまいます。

いつにしようかと迷ったときは、早めに済ませてしまうのが安全ですよ。

だいたい入学式が終わってからの四月中にお返しするのが相場です。

内祝いをいらないと言う身内の方もいることでしょう。

そうしたときは、
お子さん直筆のお礼の手紙などを贈ると喜ばれます。

まとめ

入学の内祝いの時期や
お返しの相場についておはなししました。

いかがでしたか?

  • 内祝いは、いただいた金額の半分から3分の1が相場。
  • 相手の好みが分からない場合は消耗品が無難。
  • 商品券やカタログギフトもあり。

暗黙の了解的な部分も多く
判断の難しい内祝いですが、
紹介した例を参考にしてみてくださいね^^

スポンサードリンク


 

コメントを残す