スポンサードリンク

子どものトイトレ!おまるはいつから使う?メリットやデメリットは?

a93a1eb02e6d614941e9553041870e7d_s

子どもが大きくなるにつれて欠かせないトレーニングの1つにトイトレがあります。

トイトレの必需品でもあるおまるですが、最近はいろいろな形の商品が販売されているのでどんなものが良いのか悩みますよね。

この記事では、子どものトイトレにオススメのおまるを紹介します!

スポンサードリンク



子どものトイトレはいつから?

b1a48fce2ea0b88e44e108de2c45f645_s

トイトレのタイミングとして、子どもが2歳前後になったころから始められるママが多いでしょう。

中には、首が座り始めた頃から始められるママもいらっしゃり、早いうちからトイレの存在に慣れさせているようです。

しかし、月齢でタイミングを見計らってトイトレを始めても、うまくいかないというママの声も多くあります。

トイトレは、月齢ではなく、子どもの成長具合に応じて始めることが大切なポイントです。

ここでは、トイトレを始めるにあたっての判断材料をいくつかお伝えします。

1人で歩けるようになる

子どもが1人で歩くことは、脳が発達していることの表れであり、おしっこが溜まっている感覚も分かるようになっている合図になります。

また、1人でおまるまで歩けるようになるとトレーニングもうまく進みますよ。

言葉を理解したり、話が少しできるようになる

「おしっこしたい」や「おしっこができた」、「おしっこでた?」など意思を伝えられるようになったり、ママの言葉の意味が理解できるようになると、うまくコミュニケーションがとれてスムーズなトイトレが期待できます。

子どもがおしっこをしたいと分かっていても、言葉や仕草で伝えられなければママもおしっこのタイミングに気づくことはできないからです。

お互いの伝えたいことを言葉や仕草である程度分かるようになることが、トイトレに欠かせないポイントです。

おしっこの感覚がある程度あくようになる

1歳頃になると、おしっこが溜まってきた感覚がわかるようになり、2歳前後になると、おしっこをしたいという感覚が分かるようになると言われています。

これは、子どもが成長するにつれておしっこの間隔があくようになると、自然とおしっこは溜まってくるので、おしっこをしたいという感覚が芽生えるようになるのです。

トイトレを始める目安としては、2時間程間隔があくようになるといいでしょう。

おしっこが溜まり、不快感などでおしっこをしたい感覚が分かるようになるともしかしたら進んでおまるに向かってくれるかもしれません。

トイトレは、周りに惑わされずに、子どもの成長具合に合わせて開始時期を考えてあげましょう。

おまるは必要?

4d2893f9e732226f96ff0ccb1627869f_s

子どものトイトレのアイテムといえば、おまるが思い浮かぶ方も多いでしょう。

ここでは、おまるのメリットデメリットをそれぞれまとめてみました。

メリット

まずはメリットから見ていきましょう。

小さいうちから始められる

おまるは、子どもが1人で座れるようになる7ヶ月頃から使用することができます。

まだ、うまくバランスをとりながら椅子に座れなくても、おまるであれば両足が床について体が安定することで、リラックスして座れるでしょう。

便座が怖いと感じている子どもには、ぜひおまるを使用してみてはいかがでしょうか?

トイトレのファーストステップとして使用すると、トレーニングが進みやすくなるかもしれません。

気軽に始められる

小さい頃から気軽に、どこでも使用することができるので、トイトレを簡単に始められます。

トイレという空間が苦手な子どももいるでしょう。

トイレでおしっこをすることにハードルを高く感じているようであれば、普段から過ごしている場所でおまるを使っておしっこをすることに慣れましょう。

乗り物感覚で始められる

おまるを乗り物と勘違いし、遊んでるうちにおしっこができたというママの声があります。

おむつやパンツを脱がして、おまるを子どものそばに置いてみましょう。

デメリット

続いて、デメリットを紹介します。

こまめな掃除

おまるに直接排泄物が入るため、こまめに掃除や消毒をする必要があります。

リビングなどで使用する場合も衛生管理が必要になるでしょう。

トイトレの期間が長くなる?

おむつからおまる、おまるからトイレへとステップを分けることで、それぞれの段階に慣れるのに時間がかかる可能性があります。

トイトレには時間がかかるものだと、気長に成長を見届けましょう。

おもちゃと勘違いする子も…

おまるの中に、人形やおもちゃを入れて遊んでしまい、トイレと認識するまでに時間がかかってしまうこともあります。

おまるはおしっこをするためのものだと話しかけて、おもちゃとは違うことを教えてあげましょう。

トイトレにオススメのおまる5選

69e1c7ec8f0328f28b145df3e9c4caea_s

早速、オススメのおまる5選を紹介します!

ベビービョルン スマートポッティ

機能性と利便性を考えて作られたおまるです。

コンパクトで持ち運びが便利なため、おまるのスペース確保も問題なくクリアできるでしょう。

トイレの中でも使用できる大きさなので、パパママが便座に座っておしっこのお手本を見せながらトイトレができるところがポイントです。

子どものおしりの形にそって作られているため、ぴったりフィットします。

おしっこの跳ねとび防止も期待できます。

BABCOO トイレトレーニングおまる

安全性と快適度が自慢のデザインのため、子どもの背を支えるだけではなく、後ろへ滑ることも防止します。

子どもが踏ん張っても約60kgに耐えられるので、十分な強度も期待できます。

床と接する足裏部分には、滑り止めクッションがついているので安心して子どもにトレーニングをさせてあげることができるでしょう。

抗菌・防カビ加工が施されているため衛生面も安心して使用できます。

鳥の鳴き声が聞けるボタンがあるので、楽しみながらトレーニングを始められます。

Richell ポッティス イス型おまるR

またがらずに座るだけのイス型おまるのため、足を広げるのに抵抗がある子どもでも楽に座らせられます。

足を閉じて座るタイプなだけあって、大人用トイレにも早く慣れる形になっています。

取り付けも簡単で、丸洗いもできるので掃除も簡単です。

子どもの成長に合わせてグリップを外したり、補助便座にして大人用トイレにかぶせて使用が可能なため、スムーズなトイトレが期待できます。

Angelcare ベビーレーベル 3WAYおまる ブラシ付き

取っ手付きのおまるとして、洋式のイス型おまるとして、踏み台として3通りの使い方ができるおまるです。

可愛らしい見た目からも、おもちゃ感覚で遊ぶようにトイトレが始めらるでしょう。

おまるの掃除も簡単で、衛生的です。

子どものおしりにぴったりフィットするので、こぼれにくく安定感のある作りになっています。

LIKEA 子ども用お便座

防水、防カビ、耐摩耗でお掃除も簡単にできます。

高品質で環境にやさしい材質を使用しているので、子どもの皮膚にもやさしい素材となっています。

背もたれ付きのおまるで、子どもも安心して快適におしっこができます。

密閉ふたがついているので、一時的な臭いの発散を防ぎます。

おまるを使ってトイトレをスムーズに♪

5bc73969b5aa3ee520f2e907514395af_s

周囲の声に焦ることもありますが、子どもの成長に合わせてトレーニングをすすめることで、スムーズにおむつが外れるでしょう。

子どもにも合った、ママも管理がしやすいおまるを選んでくださいね!

スポンサードリンク



コメントを残す