スポンサードリンク

自宅の正月飾りはいつまで飾る?処分方法は?

ff57fff0f70ffdf885135b985958a063_s

新年を迎えるにあたり、お正月飾りを飾る家庭も多いでしょう。

ですが、いつどうやって処分したらいいのか迷う人も少なくないようです。

今回は、お正月の飾りの処分方法についてまとめました。

スポンサードリンク



正月飾りはいつまで飾るの?

61345d05cdfab0dd422a115164359e70_s

お正月の飾りは、しめ縄、門松、鏡餅が代表的です。

年末になると、お正月の飾りが売られていますよね。

しかし、購入してもどれをどこに飾るのか、いつまで飾るのか、いまいちわからない方は多いのではないでしょうか。

できれば長く飾っておきたいところですが、いつまでも飾っておくわけにはいきません。

飾りによっては飾る期間が決まっています。

門松

歳神様がこの世に来るときの目印となるようにという意味があります。

歳神様がこの世に来たときに、幸せを持ってきてくれると言われているので正月飾りの中でも重要なんです。

門松は門前や玄関に飾るようにしましょう。

門松は、クリスマス終わりかから28日頃までに飾りましょう。

29日は「苦が待つ(末)」、また31日は「一夜限り」と言われ、

神様に失礼とされています。

28日までに飾ることができない場合は、30日に飾りましょう。

そこから松の内の1月7日まで飾ります。

しめ縄

しめ縄とはこの場所は、神様を祀るのにふさわしい場所と示し、神様とこの世との結界になります。

玄関のドアに飾りましょう。

飾る時期は、門松と同様です。

25日~28日頃に取り付けましょう。

そこから松の内の1月7日まで飾ります。

鏡餅

お正月を迎えるための飾りというイメージがありますが、

本来は穀物の神様の年神様へのお供え物です。

丸い形をしているのは円満、2つ重ねているのは

かさねがさねと表し、円満に年を重ねるという

意味があります。

居間や床の間がある家庭は床の間に飾りましょう。

飾る時期は、13日~28日が良いでしょう。

そして飾っている期間は1月11日の鏡開きまでです。

お正月飾りを処分する時期は?

279bd9f3e3c7f99ae813defcd31e5545_s

正月飾りは飾る時期があれば、処分する時期もあります。

飾りの種類によっては、処分する時期が違いますので、

確認をしてから処分しましょう。

門松

一般的には松の内の終わりの1月7日までと言われています。

7日に七草がゆを食べ、門松を外すのが多いようです。

各地域によって違いがあります。

関西などの一部の地域は1月15日なので、それまでに下げるようにしましょう。

しめ縄

しめ縄も門松と同様に、松の内の終わりの1月7日です。

門松と同じく、7日に七草がゆを食べたあとに外します。

こちらも各地域によって違いがあるようです。

関西などの一部の地域は1月15日になります。

鏡餅

鏡開きは門松やしめ縄とは日にちが異なります。

門松やしめ縄は松の内の終わりの1月7日ですが、鏡餅は

鏡開きの日に食べましょう。

鏡開きの日は1月11日です。

関西の一部の地域では1月15日となっています。

お正月飾りの処分方法

f4c7218afde1ea4a6db41f7609f63527_s

正月飾りは、神様を歓迎するためのものです。

きちんと処分しましょう。

飾りの処分方法は飾りによって違います。

門松やしめ飾り

どんど焼きは神様を出迎えた正月飾りを焼くことです。

焼くことによって、火とともに見送る意味があります。

お正月飾りを一斉に集めて火をつける行事です。

【どんど焼きの由来】

平安時代、青竹を束ね毬杖(ぎっちょう)三本を結び、

その上に扇子や短冊を添え、陰陽師が謡いながら焼くという

行事が正月の15日に行われていました。

これが民間たちに伝わり、今のどんど焼きになったようです。

【どんど焼きの日程】

1月14日それか、1月15日に行うことが多いでしょう。

外す1月7日からどんど焼きまで少し日がります。

それまで大切に保管しましょう。

捨てるものだからと、乱雑に扱うのは神様に失礼なので、

紙(新聞紙)などでくるんで保管します。

【どんど焼きのマナーとは?】

神様を見送るする儀式になるので、神社に納めることができるものなら焼くことが可能です。

ですが、地域によっては正月飾りのみの場合もあります。

年賀状やぽち袋など神様と関係ないものは燃やせません。

【どんど焼きで処分できるもの】

  • 正月飾り
  • お守り
  • おみくじ

など、神社で納めることができるものになります。

鏡餅

鏡開きとは、正月飾りとして神様にお供えした鏡餅を

お雑煮などで食べます。

鏡餅を片付けることが、鏡開きと思っている方もいると思いますが、食べることに意味があるのです。

家族みんなで食べましょう。

【鏡開きの由来】

昔の武家で行われていたことのようです。

1月11日に割り、お雑煮にして食べていました。

割るというのは縁起が悪いので、運を開くという意味にかけ

「鏡開き」と呼ばれるようになったようです。

【鏡開きはいつ?】

毎年、1月11日に行います。

しかし、地域によっては日にちが違うこともあるようです。

【鏡開きのやり方】

鏡餅は刃物で切ることは避けましょう。

魂を切るということを連想させます。

飾った鏡餅は硬くなっているので、電子レンジで温めたり、

水につけたりして、柔らかくしましょう。

そして、家族で美味しく食べます。

【鏡餅を使ったおすすめのメニュー】

  • おしるこ
  • お雑煮
  • ぜんざい
  • 餅グラタン
  • あべかわ餅
  • 磯辺焼き餅

神社でも処分できるの?

どんど焼きをご紹介しましたが、忙しく都合が合わない場合もあるでしょう。

その時は、神社に引き取ってもらうこともできます。

お清めのあとに焚き上げてくれますので安心です。

大きな神社の場合はお守りやお札などの返納箱があります。

ですが、処分を受け付けてくれない可能性もありますので、

必ず神社に一度連絡しましょう。

ゴミの日に出してもいいの?

ed743740c8e27cb517292a93841abb0f_s

実は正月飾りはゴミの日に処分しても問題ありません。

地域によって異なりますが、燃えるゴミや粗大ゴミで捨てても

大丈夫でしょう。

門松が大きい場合は粗大ゴミ(大型ゴミ)と分類される可能性もあるので、必ず確認して捨てるようにして下さい。

ただ、少しでも丁寧に捨てたいという方もいると思います。

正月飾りを細かく、塩で清めたあと、新聞紙で包みましょう。

時分で処分する場合のお清めの方法は?

丁寧に捨てたい場合はお清めしてから捨てます。

1.新聞紙などの大きな紙を準備しましょう。

2.その上に正月飾りを置きます。

3.清めように塩を用意しましょう。

4.塩を左、右、真ん中の順番で3回塩を飾りにかけます。

5.新聞紙をくるんで処分しましょう。

捨てる時には、一般のゴミと捨てず、袋を分けて処分します。

正月飾りの使いまわしはダメ?

0ecbeb72690420def4282ec598458ba5_s

飾りを来年も使いたいと使いまわしてる方もいるようです。

最近は、おしゃれな正月飾りも増えてきました。

そんな飾りを1回限りで捨ててしまうのは勿体ないですよね。

ですが本来の飾りのあり方は、正月の間、神様がお家へ来てくれるためのものです。

神様のための飾りとして考えると、毎年新しい飾りを用意するのがいいでしょう。

まとめ

8dccc6b92f070fcba782a2201c28dc10_s

正月飾りを準備し新年を迎え、いざ処分となった時に方法がわからないと不安になりますよね。

神様を迎える飾りなので、バチが当たるかもしれないと考えてしまいます。

古くからの日本伝統的な風習です。

飾りの正しい処分方法を学び、新年を迎えましょう。

スポンサードリンク



コメントを残す