スポンサードリンク

ママに人気の資格!歯科助手ってどんな仕事?

85ddb14d7cb3e0cce2fe8f14d2db0e23_s

主婦に人気の歯科助手って、どのような仕事でしょうか。

興味があるけど、どのような仕事内容かハッキリわからなくて、迷っていませんか?
医療だから難しいかもしれない、歯科助手は資格が必要?と疑問に思っていませんか。

時間に余裕が出てきて、社会復帰を考え始めたママへ、
歯科助手について調べました!

スポンサードリンク



歯科助手とは?

d79c57154446cf0042921e6d1b8fbfd1_s

歯科助手は、基本的に口の中には手を入れません。
歯や歯茎をさわれるのは医師と衛生士です。

歯科助手は患者さんの患部に、上手にライトをあて医師に見やすいようにしたり、バキュームで唾液や水分を吸います。

詰め物や練り物によっては、スピード勝負な部分もあり、医師との連携が大切になってくるでしょう。

そして器具の洗浄・準備・消毒・雑用・掃除などもあって、医師の治療の先回りをして、気配りする仕事です。

歯科助手は、医師のサポート業務といえるでしょう。

そのほかスケジュール管理・電話対応・患者さんのご案内・カルテ作成・会計などの事務的な業務もあります。

メリット

それでは、歯科助手のメリットを見てみましょう。

・午前診療、午後診療があるから、合間に自宅に帰って家事ができる。
・午前のみの勤務など、勤務時間に融通がきく。
・シフト制の病院が多く、学校などの行事に合わせてシフトを組める。
・空調完備、室内なので季節に影響されない。
・衛生的できれいな病院勤務。
・患者さんがいなくなることがないから、安定した職業。
・一度仕事を覚えてしまえば、どこでもまた働けること。
・家族や自身の歯の健康状態がある程度わかり、治療方法もわかるから、安心できる。
調べてみると、以上の良い点がわかりました。

デメリット

つぎに歯科助手のデメリットを見てみましょう。

・人の口の中を見なくてはいけない、綺麗な状態ばかりとは限らない。
・限られた人数しかいないから、人間関係がうまくいってない病院での勤務は厳しい。
・医療の専門用語や専門器具が多く、覚えるまではややこしい。
・業務をこなせるようになるまで、半年はかかると言われているから、そこまで持たない。

調べてみると、以上の悪い点がわかりました。

取得する方法は?

9fe5a89f4199e7509baa3dd720d1c5e0_s

歯科助手は、医療行為の補助をするので、予備知識ゼロからだと、かなり厳しい印象です。
(なかには、いきなり実践に飛び込んで働きながら、仕事を覚えていく方もいらっしゃるかもしれません。)

歯科助手の資格を取得するにはどのような方法があるのか調べてみましょう。

独学

参考書を購入し、自宅で勉強します。

自分で勉強のペース配分を決め、日々取り組むわけですが、不明点を質問することができないため、偏った知識になるおそれがあります。

費用は、参考書代のみです。

試験は社団法人日本医師会が行っている、歯科助手資格認定が有名で、合格すると歯科助手の資格が取得できます。
費用は約15,000円ほどです。

また講義は40時間ほどあり、通う必要がありますから時間を調整しなければなりません。(講義代は別途)

専門学校

専門学校は学校に通って他の学生とともに、歯科の専門知識を学べます。
費用を調べましたら、歯科アシスタント科に1年通って、96万円ほどです。(学校によって差異があります)

一見高そうに思えますが、歯科助手・医療事務・秘書・診療情報管理士・受付などを目指すことができます。

決まった時間を拘束されるわけですが、いろいろな知識を学べるから、お得に通えるでしょう。

専門学校に通ってですと、1年か2年というところが多く、ほかの資格にも挑戦できるようになっています。
ですから、幅広く将来の役に立ちそうです。

通信教育

通信教育は、ユーキャンやニチイなど、聞いたことがあると思いますが、独自の認定講座があります。

費用は約40,000円ほどです。
4か月間、通信教育を受講し、課題をこなしていけば資格を取得できます。

歯科助手の資格を取った先輩ママの体験談

a1b4a8f88e8cf4273ebf2429b5696741_s

それでは、実際に歯科助手の資格を取得した先輩ママたちの体験談を聞いてみましょう!

体験談1

小さな子供がいたから、勤務時間が合っていて、自身の経験から歯科医院に良いイメージがありました。

歯科助手の資格をとり、院長のものすごく速い専門用語の指示にも、ついていけるようになりました。

歯式を書けるようになり、単語を言われただけで、先回りして次の準備が素早くできるようになり、良かったです。
歯のレントゲン写真を、パソコンやアイパッドを使用してできるようになりました。

歯科に関する専門用語、器具の名前、歯式の書き方などを理解していないと、働きだしてから家へ帰って、何時間も勉強しないといけないことになるでしょう。
事前準備が大切です。

体験談2

良い点は、どこへ行っても知識を生かせるから、転勤や引っ越しなどで違う病院に移らなければいけなくなっても、次の就職先を見つけやすいことです。

悪い点は小児歯科ですと、治療中に吐いてしまう子供も少なくありません。
その時は片づけをするのが、歯科助手がしなくてはなりません。

歯科助手は医師のそばにいて、指示をもらうことが多いですから医師との相性も大切で、あまり合わない先生と働くのは、大変かと思います。

体験談3

病院の歯科助手の仕事は、なくてはならない業務ですから、募集もたくさんあり、やる気さえあれば続けられる仕事です。

覚えなくてはならない事が多く、慣れるまでは大変ですが、治療してきれいになった歯をみると充実感があります。

治療や知識はどの病院でも同じだと思うので、違う病院に移っても、即戦力で働けるでしょう。
訪問歯科を行っている病院も多いので需要は多いです。
本人の努力次第でスキルアップもできます。

基本的に立ち仕事なので、足や腰を痛めてしまうことがあり、衛生士にくらべると仕事範囲が少ないので物足りなさを感じる人もいるかもしれません。

女性が多い職場ですから、人間関係やカラーが合えばずっと続けられる仕事です。

体験談4

歯や予防歯科に興味がある方が、どんどん増えてきているから、歯科も増え、歯科助手も需要が増えてきています。

歯科助手が受付をする場合もありますが、医師のサポートや片付け、患者の応対もあり、患者と医師をつなぐ役割がとても大切です。

医師に直接言わずに、歯科助手に言う患者も多く、その時に、正確に回答することが必要になります。
そのための知識も必要でしょう。

メンテナンスや家族で、長期に通ってくれる患者が増えているので、末永くお付き合いができるのも魅力的なところです。

体験談5

はじめは無資格、経験無しで働き始めたので、専門用語も器具の名前も使い方もわからない状況でのスタートです。

最初は、先輩についてノートに記録しましたが、なかなか頭に入らず、つぎの行動につながりません。

自分自身に腹が立って、何度もやめようと思いました。

ですが、諦めたくなくて、少しでもできるようになりたいと思い、働きながら学校に通ったのです。

歯科助手の資格を取得し、点と点だったものがやがて線につながり、実践にも生かせるようになり、知識をどんどん深めることができました。

病院での勉強会にも積極的に参加し、聞きやすい環境でしたから、不明点はその都度、解決するようにしたのも良かったです。

まとめ

bbb449f79957c6986374e439c78be738_s

歯科助手は、資格がなくても働ける職種です。
ですが専門用語や特殊な器具が多く、覚えなくてはならない事がたくさんありました。
働きながら勉強することができればベストでしょう。

時間に余裕があるようで、忙しいママの最良な選択肢が見つかるといいですね!

スポンサードリンク



コメントを残す