スポンサードリンク

助産院で出産するリスクとメリット!病院との違いは?



妊娠が分かると、まず始めるのが産院選びですね。

総合病院や大学病院、産婦人科病院、クリニック、助産院などがあります。

なにかと不安の多い妊娠生活ですが、産前産後のケアが手厚い助産院での出産を希望するママも多いようです。

ここでは、助産院で出産するメリットやリスクについて紹介しますね。

スポンサードリンク



助産院とは?



助産院と聞くと、「アットホームな雰囲気」や「自然体で出産にのぞめる」とイメージされる方は多いのではないでしょうか。

助産院とは、助産師が管理する入院用のベッド数が9床以下の施設のことを言います。

受け入れの数が決まっているので、助産師による一人あたりのサポートが他の施設に比べて手厚いところがママへの安心ポイントです。

また、妊婦健診や赤ちゃんの保健指導など産前・産後のサポートは病院と同じですが、出産方法は自然分娩をとるというところが特徴です。

自然分娩であれば、医療の介入がないため医師が必要ない、つまり助産師だけで対応ができるからです。

医師がいないと不安に感じてしまうママもいますが、分娩を取り扱う助産院には嘱託医師がいたり、医療機関との連携が定められているので安心です。

妊婦健診の項目でも、血液検査や超音波検査など医療行為にあたるものは提携医療機関で受けることとなっています。

病院との違いって?

助産院と病院との大きな違いは「産婦人科医師がいるか」です。

医師がいないということは、陣痛促進剤の投与や帝王切開、会陰切開、吸引分娩、無痛分娩などの医療の介入がないことを指します。

ですから、逆子や高齢出産、多胎妊娠、切迫流産や早産の場合、受け入れを拒否される可能性が高いです。

また、助産院には緊急事態が起こった時に赤ちゃんが入るNICU(新生児集中治療室)などの設備はありませんし、麻酔科医や小児科医もいません。

母子共が健康で正常な状態でなければ受け入れが厳しく、ハイリスクな出産は助産院ではおこないません。

出産時の違いについては、病院では分娩台にあがったり、手術室での出産になりますが、助産院では布団の上が多かったり、ママが1番楽に感じる場所や態勢を選ぶことができます。

助産院で出産するリスクとは?



出産時は、赤ちゃんにへその緒がからまったり、ママの出血が多いなど予想できないトラブルに見舞われる可能性があります。

助産院で出産する場合、万が一のときには、すぐに提携先の医療機関に搬送されることになりますが、処置を受けるまでに時間がかかるのがデメリットといえるでしょう。

助産院で出産するメリット

続いて、助産院で出産するメリットをみていきましょう。

1:手厚いサポート

助産院での出産は一人ひとりへのサポートが厚いことがメリットとしてあげられます。

二人目以降に妊娠の場合、子供の宿泊を受け付けている助産院もありますよ。

病院の場合、いつも混んでいるのに診察時間は短い、と感じているママも多いようです。

助産院は、受け入れの数が9床以下と決まっているので、一人あたりにかける時間を長くとれる傾向にあります。

何かと不安に感じてしまう妊娠・出産も、助産師がしっかり向き合ってくれるので安心できます。

2:ママの希望を第一に考えてくれる

助産院では、どんなお産にしたいかバースプランを聞いてくれたり、ママの希望に寄り添ったフリースタイルでの分娩がおこなわれています。

病院では、分娩台での出産が一般的ですが、助産院では自宅をイメージして和室に布団をひいてお産ができたり好きな姿勢で分娩できるように助産師がしっかりサポートしてくれます。

また、パパや子供に赤ちゃんが生まれる瞬間を見せたいと思っているママもいます。

家族全員でママを応援して赤ちゃんを迎えるこの瞬間は、家族みんなの素敵で大切な思い出になります。

3:妊娠・出産に対する安心感

大きな病院になればなるほど、医師や助産師、看護師の数が増えます。

中には、医師の指定ができない病院もあり、毎回医師が変わることに不安を感じるママも多いでしょう。

助産院では、妊婦健診から出産まで同じ助産師がしっかりサポートを続けてくれるので、ママとの間に信頼関係が生まれます。

妊娠中不安に感じたことや体調の変化について、いつでも相談できる環境が整っています。

また、日本で助産師免許を取得できるのは女性のみとなっています。

中には、男性の医師が苦手なママも多いでしょう。

妊娠中感じた不安や産後の心配事について、女性が相手であればなんでも思ったことを相談できることもありますよね。

助産院選びのポイントとは?



助産師によってその施設の雰囲気は大きく変わってきます。

助産院選びのポイントをみていきましょう。

1:提携先の医療機関と連携がとれているか

助産院の情報はインターネットなどで簡単に手に入るようになりました。

提携医療機関についての記載があるかを確認しておきましょう。

2:助産師との相性

助産師によっては、ママへの指導が厳しかったり、出産に対しての希望や意見などが合わないこともあります。

手厚いサポートがある助産院だからこそ、助産師との関係性は深くなります。

口コミチェックや施設見学をして、自分に合う産院かを確認しましょう。

3:早めの予約を

助産院は入院できるベッド数に限りがあるので、出産が重なってしまっている場合は受け入れができない可能性があります。

妊娠が確定して、出産予定日がわかったらベッドに空きがあるかどうかの確認をなるべく早めにおこなっておきましょう。

助産院出産はリスクとメリットを理解することが大切



産院によって、出産方法やサービスの内容はガラッと変わってきます。

約10ヶ月間の妊娠期間を素敵なマタニティライフにするために、サインイン選びは大切です。

ママの健康状態に合わせてぴったりな産院を選んでくださいね。

スポンサードリンク



コメントを残す