スポンサードリンク

生理が不規則!妊娠検査薬はいつから使えばいい?


生理が予定日より遅れていると、まず気になるのは妊娠ですよね。

普段から生理周期が不規則だと、妊娠検査薬を使うタイミングが分からないことも。

この記事では、

・生理が不規則な場合、妊娠検査薬はいつから使えるの?
・オススメの妊娠検査薬

について、詳しく解説しています。

スポンサードリンク



まずは妊娠検査薬の仕組みを確認しよう



妊娠検査薬は、なぜ採尿しただけで妊娠の有無が分かるのでしょうか?

まず、受精卵が子宮に着床すると、子宮は妊娠状態を守るために、子宮内膜を保って着床状態を維持しようとします。

その際、卵巣内にある黄体が分解されないように、黄体ホルモンの分泌を一定にする、hCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)というホルモンが胎盤から分泌されるのです。

このhCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)は、尿にも含まれていて、妊娠検査薬が反応する量が分泌されていれば、陽性反応が出る仕組みになっています。

妊娠していない場合、hCGは分泌されないので、妊娠検査薬の結果は、ほぼ99%以上正確な結果となっています。

使い方もチェック!
ネットや薬局で販売されている主な妊娠検査薬は、hCG検出量50IU/Lとなっています。

体内のhCGが検出される時期は、着床から約5日〜6日程度(妊娠4週目ごろ)からです。

どうしても早く知りたい!という方は、hCG検出量25IU/Lの早期妊娠検査薬を使用することもできますよ。

早期妊娠検査薬は、薬剤師のいる薬局のみ取り扱いがあるようです。

妊娠検査薬の使い方は、検査薬本体についている尿吸収体に決められた秒数尿をかけるか、紙コップに尿を取り、尿吸収体をつけ、待つだけで簡単に結果がわかります。

早く妊娠の有無を知りたいからと、検査薬の正しい使用時期を待たずに妊娠検査薬を使うと、正確性が下がってしまうこともあります。

妊娠検査薬を使用する際は、商品説明や取り扱い説明書に記載されている、正しい使い方で使用しましょう。

生理が不規則な場合はいつから妊娠検査薬を使えばいい?

生理周期が不規則な方は、生理が遅れているのか、それとも妊娠しているのか、判断に迷う時がありますね。

生理が規則正しくくる方も、そうでない方も、妊娠が成立するには、受精〜着床までで約6日かかります。

妊娠検査薬が反応する量のhCG検出量が分泌されるのは、着床からおおよそ2週間後〜です。

生理周期が不規則(生理不順)の場合は、性行為から3週間後を目安に検査薬を使用しましょう。

妊娠検査薬が陰性でも、生理が来ない場合は、もう2~3日あけて再度検査をするか、病院の受診をオススメします。

オススメの妊娠検査薬4選



以下では、生理予定日1週間後から使える、オススメの妊娠検査薬を紹介します。

ほとんどの妊娠検査薬が、99%以上正確に判定するものなので、スティック大きさや、判定スピードで選んでみると良いでしょう。

早期妊娠検査薬を使用したい方は、薬剤師のいる薬局のみ取り扱いがありますよ。

1:クリアブルー

採尿から1分間で判定できる妊娠検査薬です。
朝昼晩どの時間の尿でも検査ができ、生理予定日1週間後から使用可能となっています。

2:チェックワン

検査結果を残せる妊娠検査薬。

ほとんど妊娠検査薬は、時間が経つと蒸発線が浮かんでくることが多い中、チェックワンは、結果が保存できるようになっています。

陽性反応が出た検査薬を、残しておきたいという方にオススメです。

3:ドゥーテスト

採尿部分が大きく、初めての方も使いやすい検査薬です。

キャップを後ろにつけることで、スティックを長くすることができ、尿をかけやすくなっています。

判定方法がスティックにも記載されていて、とても便利です。

4:P-チェック

大きいスティックで持ちやすく、検査がしやすくなっています。

採尿から1分で判定でき、正確性99%以上。
ロングサイズなので、採尿が苦手な方にオススメです。

陽性反応が出たら病院へ!注意点は?



陽性反応が出たら、なるべく早めに病院へ行きましょう。

妊娠検査薬では、正常な妊娠かどうか判断することができません。
異常がある妊娠の場合、処置が遅れると母体にも危険が及びます。

病院で検査を受けてはじめて、正常妊娠なのかを知ることができます。
病院へ行くタイミングは、検査薬をしてから1〜2週間以内が良いでしょう。
病院を受診する際の服装は、ロングスカートや、ワンピースなどがオススメです。

内診時の着脱がスムーズに行える服装で行きましょう。

 

【持ち物】

・保険証
・診察費1〜2万程度
・筆記用具
・ナプキン
・ハンカチなど

初診で産婦人科にかかる場合、補助券や健康保険が使えないので、なるべく多めに診察費を用意しておくと安心です。

そのほか、問診票を記入する際、最終月経日(前回の生理がきた日)や、生理周期・性行日について記入する欄がある場合もあるので、メモをしておくとスムーズに書くことができますよ。

保存できるタイプの妊娠検査薬を使用した方は、そちらも持っていくと良いでしょう。

初診ではどんな検査をするの?



初診では、妊娠を判断するために、さまざまな検査が行われます。
どんな検査を、なんのために行うのでしょうか?

以下では、検査の内容を詳しく解説していきます。

1:尿検査

妊娠検査薬での検査と同じく、尿中のhCGに反応する検査薬を使用して、妊娠の有無を確認するために尿検査をします。

また、尿タンパクも同時に調べ、病気がないかの確認も行われていますよ。

2:体重・血圧測定

妊娠中の血圧や体重は、とても重要な項目です。

妊娠中に太りすぎたり、血圧が高くなりすぎると妊娠高血圧症候群などの病気にかかることも。

そういった、妊婦さんがかかりやすい病気を早期発見するために、初診から出産まで、尿検査とあわせて体重と血圧を測定をします。

3:問診票

診察の初めに、いつから生理がきていないか・妊娠検査薬を使用したか、 かかったことのある病気などを問診票に記入します。

問診票の内容に合わせて、妊娠の経過を診るので、なるべく正確に記入するようにしましょう。

4:内診

内診では、触診と膣鏡診と呼ばれる検査が行われます。

これは、子宮の硬さや子宮筋腫、卵巣が腫れていないかなどをチェックするための大事な検査です。

今までで一度も婦人科や産婦人科にかかったことがない方は、痛みや怖さを感じるかもしれませんが、力を抜いてリラックスして受けましょう。

5:経膣での超音波検査

超音波検査では、子宮の状態を調べるために、経腟プローブと呼ばれる棒状の器具を、腟の中に挿入します。

妊娠に異常がないかどうか、双子(多胎妊娠)なども知ることができますよ。

胎嚢や、胎児の大きさも調べることができるので、検査時期や週数によっては、妊娠発生日や出産予定日もわかります。

6:血液検査

血液検査では、なにか病気がないかどうかを調べるために採血をします。

もしも病気に感染している場合、 胎児に影響をおよぼす可能性もあるので、病気の早期発見が大切です。

生まれてくる赤ちゃんのためにも、血液検査は欠かせません。

7:説明を受ける

診察の最後に、医師から妊娠の診断を受けます。

正常妊娠か・何か異常はないかや、これからの過ごし方などを聞くタイミングになるので、質問があれば聞いておきましょう。

まとめ



生理周期が不規則な方で、妊娠の可能性がある場合は、性行為から3週間後を目安にするのが良いでしょう。

妊娠検査薬で陽性反応が出ても、正常な妊娠かまでは確認できません。

なるべく早く病院を受診するようにしてくださいね。

スポンサードリンク



コメントを残す